【実施中】就職ブランド調査

企業研究に役立つ情報満載 8,103

ベストマッチモード★採用実績校や大学別人気ランキングで企業を発見!

自分が信じたものを提案する
その仕事は絶対楽しい

就職先は金融機関に絞り、銀行ならここと決めていたあおぞら銀行に入行しました。あおぞら銀行一択だったのは、入行案内で「信組リカバリー」という再生ファンド立ち上げプロジェクトの記事を読んだからです。同じ金融業界でライバルのはずなのに「Win-Winの関係」をキーワードに力を合わせて地域経済を支えるために力を尽くす――そんなあおぞら銀行ならではの金融法人営業に大きな魅力を感じました。
最初の配属は札幌支店でした。窓口を経験した後で渉外業務に就き、個人の富裕層相手に運用商品のご提案を行っていました。入行4年目に希望して金融法人第二部に異動。地域金融機関を担当し金融商品を始めとした当行のソリューションメニューのご提案をする仕事に就きました。

念願の部署ですが、お客さまはみな金融の専門家です。リテール営業しか知らない私とは知識量が圧倒的に違いました。ある日、お客さまの質問に曖昧な答えをしていると「わからないなら、わからないとはっきり言って調べてきなさい」と叱られ、それで吹っ切れました。わからないことは持ち帰る。その代わりに徹底的に調べ、きちんと回答する。その後も自分自身で納得し、良いと思うものを提案することを心がけました。金融法人第二部には5年半ほど在籍しましたが、後半はデリバティブが内蔵された商品やプロ向けの私募投信なども内容を理解したうえで、これこそお客さまに価値があると納得しておすすめできるようになりました。当初、預かり資産ゼロだったお客さまからの質問や要望に対して真摯に対応することで100億円を超えるお付き合いをいただくこともでき、お客さまの想いに応えるために自分が信じたものを誠実にご提案することの価値を改めて知りました。

その後、産休・育休を取得。出産・育児には没頭しようと決めていたので休むことには何の不安もありませんでした。復帰については「前部署の経験が活かせて出張がない業務」を希望、東京に所在する金融機関をお客さまとする金融法人第一部への復帰が決まり、少し育児が落ち着いた1年半後に古巣の金融法人第二部に戻って、その後次長を拝命しました。復帰当初は古巣であるが故に失敗を恐れ仕事がうまくいかず落ち込んだ時もありましたが、上司から「失敗してもいい。自分がこうだと思ったやりたいことをやりなさい、それが一番大事だよ」と言われて目が覚めました。自分が提案したいと思ったことを突き詰めてやっていけばいいのだと思うと、お客さまに会うのが楽しくなり、自然と新しいビジネスも生まれていきました。例えば、金融商品というプロダクトのご提供に留まらず、お客さまのお取引先に対して当行が持つソリューションメニューを活かした課題解決への協働提案等です。
部下にもまず自分で考え、そしてお客さまファーストな仕事をやってほしいと伝えています。自分で決めて取り組むことこそが成長の糧になりやりがいを生むからです。かつて読んだ記事のように、あおぞら銀行ならではの使命を果たせるようチーム一丸となってこれからも楽しく仕事に取り組んでいきたいと思います。

Career Timeline

2010

あおぞら銀行一択。


そのユニークな存在に惹かれた

メガバンクでも地銀でもないという独自性に興味があり、銀行ならここだと考えた。入行前に出会った人はみな魅力的だった。

2013

手を挙げて待望の金融法人担当部署に異動

最初の配属先となった札幌支店で金融の基礎を身につけ、社内公募制度を使って念願だった本店の金融法人第二部に異動した。

2018

7カ月間の産休・育休。


育児のことだけを考えた

休職中は育児に没頭するときと最初から決めていたので、仕事が気になることはなかった。産休中は楽しかった。

2019

復職。営業職は育児との両立がしやすいことを発見

キャリアが活かせて、出張がない部署を希望して金融法人第一部に復職。営業職は自分でスケジューリングがしやすく、在宅、フレックスも柔軟に利用でき働きやすいことを発見。

2023

次長職を拝命。


部下には仕事の楽しさを伝えたい

古巣で仕事にも慣れていた金融法人第二部に異動し管理職となる。部下には仕事をとことん楽しんでほしいと思っている。

ページトップへ