【実施中】就職ブランド調査

企業研究に役立つ情報満載 8,342

ベストマッチモード★採用実績校や大学別人気ランキングで企業を発見!

会社情報

野村證券株式会社

  • [証券]
  • 正社員
東洋経済・DATA特色
証券国内最大手。異業種提携に意欲。個人向け営業重点強化。未上場株など非伝統商品も開拓

わたしの成長を、社会の成長に。

90年以上、日本の経済を中心で支えてきた野村證券。
激変する時代に突入した今だからこそ、
ここで得られる経験は、これまで以上に大きい。

証券業界のリーディングカンパニーとしての誇りを胸に、
日々変わりゆく環境に対応し、努力をつづける姿勢。
思い描く理想をカタチにしていく向上心。
一生枯れない、成長力の土台をその手に。

知恵を絞り、走り続けよう。
逆境さえも進む力に変わっていく。

君の成長が、社会の成長だ。

「グローバル金融サービス・グループ」として

投資という本業を通じて、社会に報いる

先輩社員の親身な指導と支援で、新入社員をバックアップ

■ビジネスの概要

事業内容
豊富な金融資産を有する日本において、幅広い顧客ネットワークを有し、リテール、ホールセール、インベストメント・マネジメント一体運営のビジネスモデルをもつ独立系金融機関です。当社は業界最大手として、お客様に付加価値の高い金融サービスを提供していくことにより、「グローバル金融サービス・グループ」の構築を進めています。日本の証券業界の発展は、日本経済の活性化にもつながります。お客様と一生のお付き合いがしたい方、経済を動かすような大きな仕事をしたい方、地元を活性化させたい方、グローバルに活躍したい方等、野村證券には皆さんの思いを叶えることが出来る多様なフィールドがあります。
ビジネスの展望・ビジョン
■「グローバル金融サービス・グループ」として
野村グループは、グローバルに拠点をもつ金融サービス・グループです。ウェルス・マネジメント部門、ホールセール部門、インベストメント・マネジメント部門という3つの部門が、30を超える国や地域のネットワークを通じて、国内外のお客様に付加価値の高いサービスを提供しています。
企業理念
■すべてはお客様のために
野村グループは、「すべてはお客様のために」という基本観のもと、お客様のニーズや社会の変化に対応して、付加価値の高い商品やサービスを提供し、社会や経済の発展に貢献していきます。
製品・サービス・技術力・開発力
■グローバル・ネットワーク
野村の創立者は、設立当初からグローバル展開を視野に入れていました。そして、主要地域すべてにおいて事業基盤を確立した今、まさにこのビジョンを実現したといえます。迅速な対応と緊密な連携、一貫した執行能力でお客さまのニーズにお応えします。
社風
■規律と企業家精神
設立当初から創立者は、社員に規律ある行動と企業家精神という行動規範を推進した結果、現在の野村ならではのビジネスにおけるバランス感覚を育んできました。その流れを受けて、常に創造性豊かな視点で、リスクを考慮したソリューションを提供することを心がけています。

会社データ

本社所在地
〒103-8011 東京都中央区日本橋1−13−1
代表者
代表取締役社長 奥田 健太郎
設立年月日
1925年12月25日
沿革
1925年 --------------------------------------------------------------
(株)大阪野村銀行の証券部を分離して設立
1926年 --------------------------------------------------------------
公社債専門業者として営業開始
1927年 --------------------------------------------------------------
ニューヨーク出張所開設
1960年 --------------------------------------------------------------
野村證券投資信託委託設立(1997年、野村投資顧問と合併、野村アセット・マネジメント投信となる)
1965年 --------------------------------------------------------------
野村総合研究所設立
1993年 --------------------------------------------------------------
野村信託銀行設立
1997年 --------------------------------------------------------------
野村総合研究所リサーチ部門を吸収、金融研究所設立
2001年 --------------------------------------------------------------
持株会社への移行に伴い、野村ホールディングスと野村證券に機能を分割
2001年 --------------------------------------------------------------
当社ADRをニューヨーク証券取引所に上場
2002年 --------------------------------------------------------------
野村企業情報を野村證券に吸収合併
2003年 --------------------------------------------------------------
委員会等設置会社へ移行
2004年 --------------------------------------------------------------
(株)野村資本市場研究所設立
野村ファシリティーズ株式会社設立
2006年 --------------------------------------------------------------
野村ヘルスケア・サポート&アドバイザリー(株) 設立
ジョインベスト証券株式会社開業
2007年 --------------------------------------------------------------
インスティネット社を連結子会社とする
(株)プライベート・エクイティ・ファンド・リサーチ・アンド・インベストメンツ設立
2008年 --------------------------------------------------------------
リーマン・ブラザーズのアジア・パシフィックならびに欧州・中東地域部門の雇用等の承継
リーマン・ブラザーズのインドにおけるIT等のサービス関連会社を買収
2009年 --------------------------------------------------------------
野村證券、ジョインベスト証券を統合し「野村ジョイ」サービスの提供を開始
2010年 --------------------------------------------------------------
野村アグリプランニング&アドバイザリー株式会社設立
2011年 --------------------------------------------------------------
野村證券、「ほっとダイレクト」と「野村ジョイ」を統合し、「野村ネット&コール」を開始
2013年 --------------------------------------------------------------
野村不動産ホールディングス株式会社を持分法適用会社とする
2015年 --------------------------------------------------------------
(株)野村資産承継研究所設立
2017年 --------------------------------------------------------------
(株)N-Village設立
2019年 --------------------------------------------------------------
野村東方国際証券有限公司設立

備考 ※野村ホールディングス/沿革
資本金
100億円
単独売上高(営業収益 米国会計基準)
5,871億円
従業員数
11642名(2023年3月現在)
事業所
109店舗(2023年10月2日時点)
掲載開始日時:2023/05/30 12:09
最終更新日時:2024/02/08 16:05

今週のキーワード



ページトップへ

ブックマークしました。

ブックマークを解除しました。