【4/21】イベント開催のお知らせ

企業研究に役立つ情報満載 8,355

ベストマッチモード★採用実績校や大学別人気ランキングで企業を発見!

会社情報

大日本印刷株式会社

  • [印刷]
  • 正社員
東洋経済・DATA特色
印刷業界2強。印刷技術応用した電子部材や包装材を生産、デジタル販促や情報事業など多角化

本社:市谷加賀町ビル

私たちがめざすのは「未来のあたりまえをつくる。」こと

生活に欠かせないさまざまな「あたりまえ」を生み出しています

■ビジネスの概要

事業内容
○スマートコミュニケーション部門
・出版関連/書籍・雑誌・辞書・年史・教科書・電子書籍等の製造・販売、書店での販売・ネット通販・電子書籍販売サービスを連携させたハイブリッド型総合書店「honto」事業、図書館サポート事業など
・マーケティング関連/カタログ、チラシ、パンフレット、カレンダー、POP、キャンペーン、イベント、デジタルサイネージ(電子看板)、マーケティング支援サービスなど
・情報セキュリティ関連/ICカードなど各種カード、証券、通帳、パーソナルDM、電子フォーム、本人認証サービス、透明ホログラムリボンなど
・イメージングコミュニケーション関連/写真関連サービス・ソリューション、昇華型熱転写記録材および溶融型熱転写記録材、プリンターメディア・フォトプリントシステムなど
・コンテンツ・XRコミュニケーション関連/メタバース、VR
・その他/データセンター事業、BPO事業など

○ライフ&ヘルスケア部門
・包装関連/食品・飲料・菓子・日用品・医療品等の包装材、無菌充填システムなど
・生活空間関連/住宅や家具、車両などの内外装材、立体印刷製品、金属化粧板など
・産業用高機能材関連/太陽電池用部材、リチウムイオン電池用バッテリーパウチなど
・メディカル・ヘルスケア関連/再生医療(ミニ腸の提供)、遠隔読影など

○エレクトロニクス部門
・デジタルインターフェース関連/ディスプレイ用光学フィルム、有機ELディスプレイ製造用メタルマスク、タッチパネル用部材など
・半導体関連/半導体製品用フォトマスク、リードフレーム、MEMS(微小電子機械システム)製品など
・その他/低反射フィルムや覗き見防止フィルムなど各種光学フィルム
プロフィール
DNPは常に、社会に貢献し、人々の暮らしを豊かにしていく「志」を持ち続けています。その思いを「未来のあたりまえをつくる。」という言葉に込め、DNPの製品・サービスが「欠かせない価値」として、世界の人々の身近に「あたりまえ」に存在し続けるように努めています。魅力あるコンテンツ、安全なセキュリティ、スマートフォン等の部材、環境に優しいパッケージや生活空間用製品、写真や体験型のサービスなどを数多く展開しています。

 また、環境・社会・経済の変化は事業拡大の大きなチャンスであり、むしろDNP自身が変化を起こすことで、“より良い未来”をつくっていくことが重要です。その実現に向けて、“高い志を持ってビジョンを描き、「未来のあたりまえ」を自ら体現できる皆さん”の力が必要です。

 DNPは、社会課題を解決するとともに、人々の期待に応える価値を生み出すため、独自の「P&I(印刷と情報)」の強みを掛け合わせ、多様なパートナーとの連携を深めています。そこに皆さんの力をさらに掛け合わせていきたい。ともに“より良い未来”をつくり出していく新しい仲間を私たちは待っています。
企業理念
DNPグループは、人と社会をつなぎ、新しい価値を提供する。

DNPグループは:
「人」のニーズをかたちにして「社会」に提供します。
「社会」のニーズをかたちにして「人」に提供します。
DNPの技術
DNPの強みは、印刷(Printing)と情報(Information)のさまざまな技術を掛け合わせることにあります。印刷の基本工程から生み出された技術をベースとしながら、常に最先端のものへと磨き続け、応用・発展させていくことで、多様な事業を創出していきます。
社風
対話と協働
DNPグループの一人ひとりは、それぞれの分野でプロフェッショナルとなり、社内外で積極的に対話を繰り返し、協働していくことで、今までにない斬新な製品・サービスを生み出します。

会社データ

本社所在地
〒162-8001 東京都新宿区市谷加賀町1−1−1
代表者
代表取締役社長 北島 義斉
設立年月日
1894年1月19日
資本金
1,144億6,400万円
売上高
9,280億8,400万円
従業員数
10107名(2023年3月現在)
事業所
■営業拠点:国内33ヶ所、海外25ヶ所
■製造拠点:国内56ヶ所、海外16ヶ所
(2023年3月末時点)
海外拠点
■営業拠点
海外25カ所(現地法人含む)

■製造拠点
海外 16ヶ所(グループ会社含む)
(2023年3月末時点)
人材育成
大日本印刷(DNP)は、印刷技術を応用発展させ、さまざまな分野に事業を拡大してきました。
これは、新しい分野を切り開くためにチャレンジしてきた成果です。そのため、人材育成においても、事業戦略の変化に迅速に対応できる能力を伸ばすことがポイントとなります。「自立した個」の育成を掲げ、そのための支援として職種別専門教育、階層別専門教育、自己啓発通信教育、資格取得奨励制度などを充実。通信教育については、修了時に受講料の約50%を奨励金として援助しています。一方、業務の必要な知識、スキルやノウハウを身につけるために大きな力を発揮しているのが、当グループ独自の「ネットワークラーニング」です。これはイントラネット内で必要な研修が受けられるもの。受講期間は決まっていますが、その間ならば自分の仕事に合わせ、都合の良いときにアクセスができます。今後も「自立した個」育成のための支援プログラムをさらに充実させていく方針です。
技術について
いまDNPは、「未来のあたりまえをつくる。」ことを目指しています。企業や生活者、社会の課題を解決するだけでなく人々の期待を超える製品やサービスを開発し、それらが私たち一人ひとりの身近に、あたりまえに存在する。そんな未来を一緒につくりましょう!
DNPの社名にもある「印刷」は、紙にインクを定着させるいわゆる「印刷」だけではありません。「印刷技術」の応用範囲は広く、その展開力を強みとして、生活者の暮らしや企業のビジネスプロセスに欠かせない数多くの製品やサービスを生み出してきました。印刷の対象を紙からフィルムや金属、デジタルへと拡げることで、包装、生活空間、エレクトロニクス部材やICT関連ビジネスまで事業を拡げています。
掲載開始日時:2024/03/29 14:39
最終更新日時:2024/03/22 16:37


ページトップへ

ブックマークしました。

ブックマークを解除しました。