【実施中】就職ブランド調査

企業研究に役立つ情報満載 8,339

ベストマッチモード★採用実績校や大学別人気ランキングで企業を発見!

面接突破法 実践編

面接突破法 実践編〜そこが知りたい!面接のギモンQ&A〜

なかなか対策しづらい面接。どうしたらうまくいくのかわからない!そんな悩みや疑問ありませんか? 人気企業の人事担当者が、学生のギモンに答えます!

人気企業の採用担当者がギモンに回答します!

大和証券グループ
人事部 人材開発課
中川 善倫 氏
大和証券グループ

 

A

一般的に話は短いほうがよいと言われます。かといって、ひとつの質問に対し、ひと言だけ返答するというのでは、面接はうまく進みません。では、どの程度の回答が適切かというと、面接官にもよりますが、個人的には20〜30秒程度が望ましいと考えます。回答の冒頭で、質問に対する明確な答えを述べ、その後、なぜそのように回答したのか、理由や考えを述べます。回答の後半を自己アピールにつなげてもよいと思いますが、その場合は、履歴書の内容をそのまま伝えるのはやめましょう。面接は、記憶力チェックの場ではないので、履歴書の内容を一言一句正確に伝える必要はありません。むしろ、要点だけに絞った回答のほうが、“話がまとまっている”といった印象を持ちます。ただし、面接官が皆さんの話について、共通の理解を持っているとは限りませんので、相手の立場からも分かりやすいような説明は、常に心掛けましょう。

『就職ブランド調査』投票受付中

就職ブランド調査とは?

「就職ブランド調査」は、文化放送就職ナビ(ブンナビ)が2001年から就職活動をする学生さんに実施している調査です。みなさまのご協力を何卒よろしくお願いいたします。

後半締切:2024年6月30日(日)

※本調査は個人を特定するものではなく、採用選考とは全く関係ありませんので、安心してご協力ください。

ページトップへ