【実施中】就職ブランド調査

企業研究に役立つ情報満載 8,103

ベストマッチモード★採用実績校や大学別人気ランキングで企業を発見!

面接突破法 準備編

面接突破法 準備編〜そこが知りたい!面接のギモンQ&A〜

なかなか対策しづらい面接。どうしたらうまくいくのかわからない!そんな悩みや疑問ありませんか? 人気企業の人事担当者が、学生のギモンに答えます!

人気企業の採用担当者がギモンに回答します!

ソニー生命保険
人材開発部 人材開発課
中村 真 氏
ソニー生命保険

ぜひ”就職すべき”会社を見つける就職活動をしていきましょう!

A

最も重要なことを一つ挙げるとすれば、それは「伝え方」だと思います。例えば、大学の部活動で「全国大会優勝」を成し遂げた人が複数いたとしても、一人一人取り組んだ内容や考え方、目標・目的は異なると思います。
面接の際に、成し遂げたことを力強く話してくださる方もいますが、成果や結果だけではなく、どのような考えを持って、どのようなプロセスを経て、そこにたどり着いたのかを伝えることが大切です。
きっとその考えを持った背景にはご自身の中の変わらない想いや考えがあるはずです。それこそが個性であり、我々の知りたいことなのです。
そして、上記の内容を伝えるにあたって、事前に文章を作っておくのではなく、みなさん自身の伝えたいことや想いをぶつけることも重要です。着飾っていないありのままのみなさんとお会いできることを、会社としては楽しみに待っているのだと思います。

みずほフィナンシャルグループ
人材戦略推進部 採用チーム
長野 賢史 氏
みずほフィナンシャルグループ

 

A

やはり話の内容が最も重要でしょう。個人的にはみなさんが思うほど雰囲気は重要ではないと考えています。面接の過程において面接官は、みなさんの経験してきたエピソードを深掘りし、そこでどのように課題を認識し、その課題に対してどのような解決策を考え、それをどのように実現し、乗り越えてきたのか、またそこから何を学びどんな教訓を得ることができたのかなどを確認していきます。そこで発揮されたみなさんの行動特性や価値観が、各業界や企業で求められる要素と適合しているのか、あるいはみなさんの志望する企業が求める水準にまで達しているのか、またあるいは一過性のものや組織の特殊性によって導き出されたものではなく、社会に出てからも再現性のあるものなのか、そのようなことを確認することが、面接官には求められているのです。みなさんもそのようなことを頭に入れつつ、自己分析や過去の振り返り、面接対策等を行ってみると良いと思います。

『就職ブランド調査』投票受付中

就職ブランド調査とは?

「就職ブランド調査」は、文化放送就職ナビ(ブンナビ)が2001年から就職活動をする学生さんに実施している調査です。みなさまのご協力を何卒よろしくお願いいたします。

後半締切:2024年6月30日(日)

※本調査は個人を特定するものではなく、採用選考とは全く関係ありませんので、安心してご協力ください。

ページトップへ