【実施中】就職ブランド調査

企業研究に役立つ情報満載 8,103

ベストマッチモード★採用実績校や大学別人気ランキングで企業を発見!

面接突破法 準備編

面接突破法 準備編〜そこが知りたい!面接のギモンQ&A〜

なかなか対策しづらい面接。どうしたらうまくいくのかわからない!そんな悩みや疑問ありませんか? 人気企業の人事担当者が、学生のギモンに答えます!

人気企業の採用担当者がギモンに回答します!

ソニー生命保険
人材開発部 人材開発課
中村 真 氏
ソニー生命保険

ぜひ”就職すべき”会社を見つける就職活動をしていきましょう!

A

就職活動は、みなさん自身が「自分が働くべき会社を選ぶ」ものであり、「どうすればこの会社に受かるかを考え、対策をすること」ではないです。
就職活動は、自分を「見られる場」と感じやすいと思います。そのため、どう見えるか・どう見せるかに気を取られて、自分がどんな人物であるかを見失いがちになる場合が有ります。
一方で、我々が知りたいのは「どう見えるか」ではなく、「どういう方なのか」であり、見せ方の工夫をされても変わらない部分を見ています。
それは会社も人も様々であり変化するものである以上、互いの変わらない部分に共感し、やり甲斐を感じられる方に入社いただきたいと我々が考えるからです。
どう見せるかを悩む前に、自身がどういう人なのかをよく理解し、みなさんが働きたい・働くべき会社を見つけること意識してみてください。会社に選ばれるのではなく、みなさんが会社を選ぶための就職活動。忘れないで欲しいと思っています。

みずほフィナンシャルグループ
人材戦略推進部 採用チーム
長野 賢史 氏
みずほフィナンシャルグループ

 

A

自己PRや学生時代に力を入れたことを語ったり表現したりする際に、成果や結果の大きさ、あるいは経験してきた事柄の特殊さなどばかりにとらわれていないでしょうか。もちろん大きな成果を挙げること、誰もが簡単に到達できない境地に達することは、すばらしいことだと思います。しかし、面接官が聞きたいのは成果や実績そのものだけではなく、そこに至る過程の中で、みなさんが何を思い・考え、具体的にどのように行動してきたのかということです。そのような中で、各業界・企業が求める人材に合致しているかどうかを判別しているのです。ですから、最終的な成果・結果の大きさは大変優れているものの、ご自身は関与が薄いエピソードよりは、成果・結果はさほど大きくなくとも、自分なりに工夫した、注力したエピソードが豊富な事例のほうが良いと考えています。みなさんもぜひ一度、この機会に改めてご自身の自己PRなどを確認してみるのも良いかもしれません。

『就職ブランド調査』投票受付中

就職ブランド調査とは?

「就職ブランド調査」は、文化放送就職ナビ(ブンナビ)が2001年から就職活動をする学生さんに実施している調査です。みなさまのご協力を何卒よろしくお願いいたします。

後半締切:2024年6月30日(日)

※本調査は個人を特定するものではなく、採用選考とは全く関係ありませんので、安心してご協力ください。

ページトップへ