【実施中】就職ブランド調査

企業研究に役立つ情報満載 8,103

ベストマッチモード★採用実績校や大学別人気ランキングで企業を発見!

面接突破法 準備編

面接突破法 準備編〜そこが知りたい!面接のギモンQ&A〜

なかなか対策しづらい面接。どうしたらうまくいくのかわからない!そんな悩みや疑問ありませんか? 人気企業の人事担当者が、学生のギモンに答えます!

人気企業の採用担当者がギモンに回答します!

ソニー生命保険
人材開発部 人材開発課
中村 真 氏
ソニー生命保険

ぜひ”就職すべき”会社を見つける就職活動をしていきましょう!

A

一目で人柄を判断できるということは有りません。
もちろん人間なので潜在的に第一印象を持つことはありますが、人は一目で判断できるほど単純なものではなく、様々な側面や可能性・魅力を持っています。むしろ面接の時間全体で見てもその方のすべての人柄を知ることはできません。
なので面接官は根拠のない先入観・第一印象に左右されることなく、短い面接の時間の中でその方の人柄を最大限に引き出す役割があります。
当社の面接では、お話をする中で可能な限り人柄や価値観を知りたいと考えていますので、心配される必要はありません。
仮に、一目ですぐに分かるという面接の担当者がいれば、真面目に面接をする気が無いだけだと思って良いのではないでしょうか。最初の印象で感じ取れるものをその方の人柄のすべてと断定して、その情報だけでその人物の評価を決めてしまえばいいと考えているのだと思います。

みずほフィナンシャルグループ
人材戦略推進部 採用チーム
長野 賢史 氏
みずほフィナンシャルグループ

 

A

一目で学生の人柄まで分かるということは、ないのではないでしょうか。面接官の立場としても、学生の評価が第一印象に引きずられてしまうのは、好ましいことではないと考えています。とはいえ、やはり面接官も人です。多くの仕事において、社内外問わず、人とかかわりを持って行われるものが多いのではないでしょうか。そのように考えた際に、第一印象が良いに越したことはないと思います。ご自身の志望される業界や企業が、どのような人と関係性をもって働くことが求められるのか。またあるいは説明会で見かける社員や、OBOG訪問で接した社員が、どのような身なり・表情・言葉遣いでみなさんと接しているのか。このようなことをよく観察していくことで、各業界や企業で求められる立ち居振る舞いというものが分かってくるのではないでしょうか。それらをすべて取り入れる必要はないかもしれませんが、参考にすることで不要な心配を失くすことができるでしょう。

『就職ブランド調査』投票受付中

就職ブランド調査とは?

「就職ブランド調査」は、文化放送就職ナビ(ブンナビ)が2001年から就職活動をする学生さんに実施している調査です。みなさまのご協力を何卒よろしくお願いいたします。

後半締切:2024年6月30日(日)

※本調査は個人を特定するものではなく、採用選考とは全く関係ありませんので、安心してご協力ください。

ページトップへ