【重要】新型コロナウィルスに関する弊社イベントでの感染予防対策について

企業研究に役立つ情報満載 7,890

ベストマッチモード★採用実績校や大学別人気ランキングで企業を発見!

ブンナビ会員限定!
「読売新聞オンライン」の記事が無料で読める
就活会員の新サービス

就活生応援 特別企画 START

読売IDを取得し就活会員となれば、読売新聞オンラインのほぼすべての記事を半年間、無料で読めます。(※紙面ビューアーなどを除く)政治や経済、社会の動きを読み解き、差をつけよう!

≪読売新聞≫就活ON!

OB・OG訪問前に知っておきたいマナーや業界の常識、様々な業界で働く人のインタビューなど、読売新聞の「就活ON!」はお役立ち情報が満載です。
掲載は毎週月曜日。オンラインだけでなく、紙面も手に取ってみてください。

ご購読の手続きはこちらから可能です。また、月1回の拡大版「就活ON SPECIAL」は、全国の大学・短大の就職窓口などで無料配布しています。
※記事の情報は全て掲載日現在のものです。

22/08/01 UP

【新社会人のABC】仕事メールの基本学ぶ

仕事メールの基本学ぶ(スペシャル8月号)

 就活中にメールのやり取りに慣れても、仕事となると勝手が違う。日本ビジネスメール協会の平野友朗・代表理事(47)は「上から下に一度読めばわかる『基本形』を身につけよう」と助言する。

 メールの件名は「セミナー会場変更のお知らせ」など、開封しなくても用件がわかるように書くのがコツだ。相手が重要度を即座に判断できるようにするためで、内容を予測できない「〜の件」「〜について」という件名はNGだ。

 宛名には、相手の会社や所属の正式名称、役職とフルネームを書く。書き出しは「お世話になっております」が基本。相手によって「いつも」「大変」を付け、初めてなら「お世話になります」とする。社内なら「お疲れさまです」が定番だ。続いて名前を名乗り、「セミナー会場変更のお知らせです」などと要旨を知らせて本題に入ろう。結びは「よろしくお願いします」を基本に、「確認を」「検討を」など、相手に求めるアクションを加える。

 返信はできるだけ早く送ろう。すぐに答えられない時は、その理由と回答のめどを入れて返信する。「基本形を意識しつつ、相手の書き方を参考にするとスムーズにいく」と平野さんは話す。

新社会人のABC(仕事メールの基本学ぶ)

無断転載禁止

「就活ON! SPECIAL」は、読売新聞が全国の大学・短大に無料配布しています。就職窓口の方は、以下のアドレスにお問い合わせください。

shu-on@yomiuri.com
  • twitter
  • facebook

 ブンナビのツイッター


ページトップへ