【重要】新型コロナウィルスに関する弊社イベントでの感染予防対策について

企業研究に役立つ情報満載 7,890

ベストマッチモード★採用実績校や大学別人気ランキングで企業を発見!

ブンナビ会員限定!
「読売新聞オンライン」の記事が無料で読める
就活会員の新サービス

就活生応援 特別企画 START

読売IDを取得し就活会員となれば、読売新聞オンラインのほぼすべての記事を半年間、無料で読めます。(※紙面ビューアーなどを除く)政治や経済、社会の動きを読み解き、差をつけよう!

≪読売新聞≫就活ON!

OB・OG訪問前に知っておきたいマナーや業界の常識、様々な業界で働く人のインタビューなど、読売新聞の「就活ON!」はお役立ち情報が満載です。
掲載は毎週月曜日。オンラインだけでなく、紙面も手に取ってみてください。

ご購読の手続きはこちらから可能です。また、月1回の拡大版「就活ON SPECIAL」は、全国の大学・短大の就職窓口などで無料配布しています。
※記事の情報は全て掲載日現在のものです。

22/03/22 UP

【キャリセン通信】立教大キャリアセンター事務部長 工藤秀夫さん

<2>自己分析…小さな経験 好材料も

 就活が本格化する時期になりました。内定を得るためには、エントリーシートや面接で自分を魅力的にアピールする必要があります。自己分析を正しく行えば、自分の性格や強みを自信を持って伝えることができ、志望動機に説得力を持たせることができます。

 選考では主に大学入学後の経験を聞かれるので、まずは大学生になって頑張ってきたことを振り返りましょう。「なぜそう行動したのか」を自問し続け、自分自身を深掘りするのがポイントです。

 「アピールする材料がない」と相談を受けることがありますが、よく聞くと、自分を過小評価していることが多いものです。自分では大したことがないと思っている経験が、実は大きなアピール材料になることはよくあります。

 自分の強みや良さを知るには、友人や先輩、両親に経験を話し、意見をもらいましょう。内容は、授業でもバイトでも趣味でも構いません。良く見せようなどと気負わず、素直に振り返りましょう。

プロフィール画像

無断転載禁止

「就活ON! SPECIAL」は、読売新聞が全国の大学・短大に無料配布しています。就職窓口の方は、以下のアドレスにお問い合わせください。

shu-on@yomiuri.com
  • twitter
  • facebook

 ブンナビのツイッター


ページトップへ