【重要】新型コロナウィルスに関する弊社イベントでの感染予防対策について

企業研究に役立つ情報満載 7,890

ベストマッチモード★採用実績校や大学別人気ランキングで企業を発見!

ブンナビ会員限定!
「読売新聞オンライン」の記事が無料で読める
就活会員の新サービス

就活生応援 特別企画 START

読売IDを取得し就活会員となれば、読売新聞オンラインのほぼすべての記事を半年間、無料で読めます。(※紙面ビューアーなどを除く)政治や経済、社会の動きを読み解き、差をつけよう!

≪読売新聞≫就活ON!

OB・OG訪問前に知っておきたいマナーや業界の常識、様々な業界で働く人のインタビューなど、読売新聞の「就活ON!」はお役立ち情報が満載です。
掲載は毎週月曜日。オンラインだけでなく、紙面も手に取ってみてください。

ご購読の手続きはこちらから可能です。また、月1回の拡大版「就活ON SPECIAL」は、全国の大学・短大の就職窓口などで無料配布しています。
※記事の情報は全て掲載日現在のものです。

22/03/07 UP

【業界ニュース】【宇宙ビジネス】 / NEC(スペシャル3月号)

 宇宙を舞台にしたビジネスが脚光を浴びている。人工衛星やロケットの打ち上げ、部品製造や衛星データの利活用など裾野は広い。市場規模は2040年代に1兆ドル(約115兆円)を超えるとの試算もあり、大企業のほかベンチャーなどの参入も相次ぐ。

市場規模1兆ドル 参入相次ぐ…NEC人材組織開発部エキスパート 松尾敬信さん 36

 宇宙開発は国家レベルの大事業という印象が強いですが、当社が設計や製造を担った小惑星探査機「はやぶさ2」には、大企業から町工場まで100社以上が参加するなど、とても裾野が広い産業です。

 最近では、人工衛星から得たデータの利活用も広がっています。農業分野では、宇宙から撮影した画像を基に生育状況を把握するほか、土壌に適した水や肥料の量を最適化する取り組みが進んでいます。人工衛星からレーダー波を照射することで、地下資源の探査や地盤沈下の監視もできます。災害や海洋汚染の状況把握など、社会課題の解決にも貢献しています。地上では分からないことも「宇宙から見る」ことで解明できるかもしれません。

 宇宙産業には常に最先端技術が結集し、宇宙そのものに関わる企業や観測データを活用する企業もあります。社会貢献への意欲や好奇心が旺盛な学生は、ぜひ挑戦してください。

業界ニュース(NEC)

無断転載禁止

「就活ON! SPECIAL」は、読売新聞が全国の大学・短大に無料配布しています。就職窓口の方は、以下のアドレスにお問い合わせください。

shu-on@yomiuri.com
  • twitter
  • facebook

 ブンナビのツイッター


ページトップへ