【重要】弊社イベントでの感染予防対策について

企業研究に役立つ情報満載 8,344

ベストマッチモード

ブンナビ会員限定!
「読売新聞オンライン」の記事が無料で読める
就活会員の新サービス

就活生応援 特別企画 START

読売IDを取得し就活会員となれば、読売新聞オンラインのほぼすべての記事を半年間、無料で読めます。(※紙面ビューアーなどを除く)政治や経済、社会の動きを読み解き、差をつけよう!

≪読売新聞≫就活ON!

OB・OG訪問前に知っておきたいマナーや業界の常識、様々な業界で働く人のインタビューなど、読売新聞の「就活ON!」はお役立ち情報が満載です。
掲載は毎週月曜日。オンラインだけでなく、紙面も手に取ってみてください。

ご購読の手続きはこちらから可能です。また、月1回の拡大版「就活ON SPECIAL」は、全国の大学・短大の就職窓口などで無料配布しています。
※記事の情報は全て掲載日現在のものです。

22/05/16 UP

【キャリセン通信】立教大キャリアセンター事務部長 工藤秀夫さん

<3>自己PR…「必要とされる力」意識

 採用選考が活発に行われています。思うように結果が出ず、「自分は社会に求められていないのでは……」と落胆している学生はいませんか。そんな人は、自己PRの再点検をお勧めします。

 これまでの就活で、志望先の会社がどんな能力を求めているかを意識しましたか。「この会社に入りたい」という熱意はもちろん大事ですが、「この仕事なら自分の強みを生かせる」という視点はもっと大切です。

 会社が求める能力と、自分の強みが結びついていないと、「会社に憧れているだけ」と思われる可能性があります。会社案内などで「求める人材像」や「必要とされる力」をよく調べ、それを意識した自己PRを練りましょう。例年、なかなか内定を取れなかった学生が自己PRを見直した結果、うまくいったケースもたくさんあります。

 自己PRは、企業ごとに自分の魅力が伝わる内容に変えるのが鉄則。悩んだらキャリセンに相談しましょう。

プロフィール画像

無断転載禁止

バックナンバー一覧に戻る

「就活ON! SPECIAL」は、読売新聞が全国の大学・短大に無料配布しています。就職窓口の方は、以下のアドレスにお問い合わせください。

shu-on@yomiuri.com
  • twitter
  • facebook

ページトップへ

ブックマークしました。

ブックマークを解除しました。