【重要】新型コロナウィルスに関する弊社イベントでの感染予防対策について

企業研究に役立つ情報満載 8,105

ベストマッチモード★採用実績校や大学別人気ランキングで企業を発見!

就活ラボラトリー

  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 6月のテーマ:インターンシップの選び方に“正解”はあるの?

    インターンシップの選び方に“正解”はあるの?

    就活応援企業からのアドバイス

    毎月のテーマについて、人気企業の採用担当者がズバリ直言!
    採用の視点から皆さんにアドバイスしていきます。

    Sky株式会社
    リクルーティンググループ 鈴木 智景氏

    インターンシップは様々な業界、仕事に触れるチャンス

    実は同じ業界でも企業によって実施されているインターンシップ内容は様々で、学べる事も多岐に渡ります。
    聞く、イメージする、考えることより、経験する事が財産になります。インターンシップは新たな自分を見つけるチャンスです。
    インターンシップに参加したことで、将来のビジョンを考えやすくなると思いますので、文系だから、理系だから、未経験だから等は特に気にせず、少しでも気になる企業にはどんどん参加していきましょう。

    損害保険ジャパン株式会社
    人事部 人材開発グループ リーダー 中満 隆行氏

    幅広い視野で業界や職種を見てみよう

    最初から業界を絞らずに、まずは幅広い視野を持つことが大切です。皆さんにとって身近ではない業界や企業でも、魅力的な仕事に出会える可能性があります。
    また、同じ業界の企業であっても、社風や社員の特徴は様々です。ぜひ、可能な限り「複数」のインターンシップに参加してみてください。業界を限定するのではなく、職種ややりたい仕事を軸に選ぶ方法もおすすめです。
    今年もオンラインでのイベントが多いと思いますので、積極的に参加し、ご自身の世界を広げていってください!新しい挑戦は、必ず自分自身の成長につながります。

    日本生命保険相互会社
    人材開発部 結城 麻衣氏

    目的をもってインターンシップに参加しよう!

    インターンシップに参加する前に、自分が「何を得たいのか」、「何を学びたいのか」等、参加の目的を定め、
    それを達成できるインターンシップに参加することが大切です。
    また、企業選びの際には、業界を絞りすぎないようにするのもポイントです。
    初めから業界を絞りすぎると自分の可能性を狭めることにもつながります。
    関心のある業界や職種をいくつか洗い出し、幅広く参加するとより多くの気づきが得られるはずです。

    より広い視野で、自分の将来や可能性について考える

    どうしても身の回りの製品やサービスを提供している会社に目を向けがちです。折角の機会ですから、自分の興味のある業界だけではなく、知らない業界にも積極的に参加してみてください。その結果、関連業界との繋がりや、ビジネス全体の仕組みを理解することができます。業界を狭めすぎず、より広い視野で、自分の将来や可能性について考える機会としてください。また、インターンシップを通して、自分が「何を得たいのか」、「何を学びたいのか」、目的を設定し、目的を達成できるインターンシップに参加することが大切だと思います。

    株式会社あおぞら銀行
    人事部 山崎千穂氏

    様々な業界に触れよう!

    最初は、特定の業種に絞らず様々な業界を訪ねてみることをオススメします。当初興味のなかった業界だったとしても、実際の仕事を体感したり、イメージすることで、興味が湧いてきたり、自分に合っていることが分かるかもしれません。もし特定の業種に絞るとしても、仕事の流れを掴むために、川上から川下まで全て研究してみるのもいいと思います。最初は大手企業に目がいくかもしれませんが、日本には、普段の生活では触れることのない優良企業がたくさんあります。是非インターンシップを業界研究の第一歩として、活用してみてください!

    セイコーエプソン株式会社
    人事部 押元佑香氏

    「なぜインターンシップに参加する?」自分に問いかけよう。

    インターンシップ参加の目的を明確にして選ぶことをお勧めします。目的を明確にしていないと、参加後にその経験をどう活かしていくかはっきりせず、学びを最大限に活かすことができません。「自分の学んできたこと・専門性を活かせるか知る」「会社と社員の雰囲気を知り、働くイメージをもつ」等、目的を達成するための必要な情報収集という観点から業界・企業・コース選びをしましょう。
    インターンシップは、自分の進むべき道を見つける第一歩です。ぜひ目的を明確にしたうえで様々なインターンシップに参加してください。

  • 7月のテーマ:

    就活応援企業からのアドバイス

    毎月のテーマについて、人気企業の採用担当者がズバリ直言!
    採用の視点から皆さんにアドバイスしていきます。

    Sky株式会社
    リクルーティンググループ 鈴木 智景氏

    インターンシップは様々な業界、仕事に触れるチャンス

    実は同じ業界でも企業によって実施されているインターンシップ内容は様々で、学べる事も多岐に渡ります。
    聞く、イメージする、考えることより、経験する事が財産になります。インターンシップは新たな自分を見つけるチャンスです。
    インターンシップに参加したことで、将来のビジョンを考えやすくなると思いますので、文系だから、理系だから、未経験だから等は特に気にせず、少しでも気になる企業にはどんどん参加していきましょう。

    より広い視野で、自分の将来や可能性について考える

    どうしても身の回りの製品やサービスを提供している会社に目を向けがちです。折角の機会ですから、自分の興味のある業界だけではなく、知らない業界にも積極的に参加してみてください。その結果、関連業界との繋がりや、ビジネス全体の仕組みを理解することができます。業界を狭めすぎず、より広い視野で、自分の将来や可能性について考える機会としてください。また、インターンシップを通して、自分が「何を得たいのか」、「何を学びたいのか」、目的を設定し、目的を達成できるインターンシップに参加することが大切だと思います。

    損害保険ジャパン株式会社
    人事部 人材開発グループ リーダー 中満 隆行氏

    幅広い視野で業界や職種を見てみよう

    最初から業界を絞らずに、まずは幅広い視野を持つことが大切です。皆さんにとって身近ではない業界や企業でも、魅力的な仕事に出会える可能性があります。
    また、同じ業界の企業であっても、社風や社員の特徴は様々です。ぜひ、可能な限り「複数」のインターンシップに参加してみてください。業界を限定するのではなく、職種ややりたい仕事を軸に選ぶ方法もおすすめです。
    今年もオンラインでのイベントが多いと思いますので、積極的に参加し、ご自身の世界を広げていってください!新しい挑戦は、必ず自分自身の成長につながります。

    株式会社あおぞら銀行
    人事部 山崎千穂氏

    様々な業界に触れよう!

    最初は、特定の業種に絞らず様々な業界を訪ねてみることをオススメします。当初興味のなかった業界だったとしても、実際の仕事を体感したり、イメージすることで、興味が湧いてきたり、自分に合っていることが分かるかもしれません。もし特定の業種に絞るとしても、仕事の流れを掴むために、川上から川下まで全て研究してみるのもいいと思います。最初は大手企業に目がいくかもしれませんが、日本には、普段の生活では触れることのない優良企業がたくさんあります。是非インターンシップを業界研究の第一歩として、活用してみてください!

    日本生命保険相互会社
    人材開発部 結城 麻衣氏

    目的をもってインターンシップに参加しよう!

    インターンシップに参加する前に、自分が「何を得たいのか」、「何を学びたいのか」等、参加の目的を定め、
    それを達成できるインターンシップに参加することが大切です。
    また、企業選びの際には、業界を絞りすぎないようにするのもポイントです。
    初めから業界を絞りすぎると自分の可能性を狭めることにもつながります。
    関心のある業界や職種をいくつか洗い出し、幅広く参加するとより多くの気づきが得られるはずです。

    セイコーエプソン株式会社
    人事部 押元佑香氏

    「なぜインターンシップに参加する?」自分に問いかけよう。

    インターンシップ参加の目的を明確にして選ぶことをお勧めします。目的を明確にしていないと、参加後にその経験をどう活かしていくかはっきりせず、学びを最大限に活かすことができません。「自分の学んできたこと・専門性を活かせるか知る」「会社と社員の雰囲気を知り、働くイメージをもつ」等、目的を達成するための必要な情報収集という観点から業界・企業・コース選びをしましょう。
    インターンシップは、自分の進むべき道を見つける第一歩です。ぜひ目的を明確にしたうえで様々なインターンシップに参加してください。

  • 8月のテーマ:

    就活応援企業からのアドバイス

    毎月のテーマについて、人気企業の採用担当者がズバリ直言!
    採用の視点から皆さんにアドバイスしていきます。

    日本生命保険相互会社
    人材開発部 結城 麻衣氏

    目的をもってインターンシップに参加しよう!

    インターンシップに参加する前に、自分が「何を得たいのか」、「何を学びたいのか」等、参加の目的を定め、
    それを達成できるインターンシップに参加することが大切です。
    また、企業選びの際には、業界を絞りすぎないようにするのもポイントです。
    初めから業界を絞りすぎると自分の可能性を狭めることにもつながります。
    関心のある業界や職種をいくつか洗い出し、幅広く参加するとより多くの気づきが得られるはずです。

    より広い視野で、自分の将来や可能性について考える

    どうしても身の回りの製品やサービスを提供している会社に目を向けがちです。折角の機会ですから、自分の興味のある業界だけではなく、知らない業界にも積極的に参加してみてください。その結果、関連業界との繋がりや、ビジネス全体の仕組みを理解することができます。業界を狭めすぎず、より広い視野で、自分の将来や可能性について考える機会としてください。また、インターンシップを通して、自分が「何を得たいのか」、「何を学びたいのか」、目的を設定し、目的を達成できるインターンシップに参加することが大切だと思います。

    株式会社あおぞら銀行
    人事部 山崎千穂氏

    様々な業界に触れよう!

    最初は、特定の業種に絞らず様々な業界を訪ねてみることをオススメします。当初興味のなかった業界だったとしても、実際の仕事を体感したり、イメージすることで、興味が湧いてきたり、自分に合っていることが分かるかもしれません。もし特定の業種に絞るとしても、仕事の流れを掴むために、川上から川下まで全て研究してみるのもいいと思います。最初は大手企業に目がいくかもしれませんが、日本には、普段の生活では触れることのない優良企業がたくさんあります。是非インターンシップを業界研究の第一歩として、活用してみてください!

    損害保険ジャパン株式会社
    人事部 人材開発グループ リーダー 中満 隆行氏

    幅広い視野で業界や職種を見てみよう

    最初から業界を絞らずに、まずは幅広い視野を持つことが大切です。皆さんにとって身近ではない業界や企業でも、魅力的な仕事に出会える可能性があります。
    また、同じ業界の企業であっても、社風や社員の特徴は様々です。ぜひ、可能な限り「複数」のインターンシップに参加してみてください。業界を限定するのではなく、職種ややりたい仕事を軸に選ぶ方法もおすすめです。
    今年もオンラインでのイベントが多いと思いますので、積極的に参加し、ご自身の世界を広げていってください!新しい挑戦は、必ず自分自身の成長につながります。

    セイコーエプソン株式会社
    人事部 押元佑香氏

    「なぜインターンシップに参加する?」自分に問いかけよう。

    インターンシップ参加の目的を明確にして選ぶことをお勧めします。目的を明確にしていないと、参加後にその経験をどう活かしていくかはっきりせず、学びを最大限に活かすことができません。「自分の学んできたこと・専門性を活かせるか知る」「会社と社員の雰囲気を知り、働くイメージをもつ」等、目的を達成するための必要な情報収集という観点から業界・企業・コース選びをしましょう。
    インターンシップは、自分の進むべき道を見つける第一歩です。ぜひ目的を明確にしたうえで様々なインターンシップに参加してください。

    Sky株式会社
    リクルーティンググループ 鈴木 智景氏

    インターンシップは様々な業界、仕事に触れるチャンス

    実は同じ業界でも企業によって実施されているインターンシップ内容は様々で、学べる事も多岐に渡ります。
    聞く、イメージする、考えることより、経験する事が財産になります。インターンシップは新たな自分を見つけるチャンスです。
    インターンシップに参加したことで、将来のビジョンを考えやすくなると思いますので、文系だから、理系だから、未経験だから等は特に気にせず、少しでも気になる企業にはどんどん参加していきましょう。

  • 9月のテーマ:

    就活応援企業からのアドバイス

    毎月のテーマについて、人気企業の採用担当者がズバリ直言!
    採用の視点から皆さんにアドバイスしていきます。

    損害保険ジャパン株式会社
    人事部 人材開発グループ リーダー 中満 隆行氏

    幅広い視野で業界や職種を見てみよう

    最初から業界を絞らずに、まずは幅広い視野を持つことが大切です。皆さんにとって身近ではない業界や企業でも、魅力的な仕事に出会える可能性があります。
    また、同じ業界の企業であっても、社風や社員の特徴は様々です。ぜひ、可能な限り「複数」のインターンシップに参加してみてください。業界を限定するのではなく、職種ややりたい仕事を軸に選ぶ方法もおすすめです。
    今年もオンラインでのイベントが多いと思いますので、積極的に参加し、ご自身の世界を広げていってください!新しい挑戦は、必ず自分自身の成長につながります。

    株式会社あおぞら銀行
    人事部 山崎千穂氏

    様々な業界に触れよう!

    最初は、特定の業種に絞らず様々な業界を訪ねてみることをオススメします。当初興味のなかった業界だったとしても、実際の仕事を体感したり、イメージすることで、興味が湧いてきたり、自分に合っていることが分かるかもしれません。もし特定の業種に絞るとしても、仕事の流れを掴むために、川上から川下まで全て研究してみるのもいいと思います。最初は大手企業に目がいくかもしれませんが、日本には、普段の生活では触れることのない優良企業がたくさんあります。是非インターンシップを業界研究の第一歩として、活用してみてください!

    より広い視野で、自分の将来や可能性について考える

    どうしても身の回りの製品やサービスを提供している会社に目を向けがちです。折角の機会ですから、自分の興味のある業界だけではなく、知らない業界にも積極的に参加してみてください。その結果、関連業界との繋がりや、ビジネス全体の仕組みを理解することができます。業界を狭めすぎず、より広い視野で、自分の将来や可能性について考える機会としてください。また、インターンシップを通して、自分が「何を得たいのか」、「何を学びたいのか」、目的を設定し、目的を達成できるインターンシップに参加することが大切だと思います。

    セイコーエプソン株式会社
    人事部 押元佑香氏

    「なぜインターンシップに参加する?」自分に問いかけよう。

    インターンシップ参加の目的を明確にして選ぶことをお勧めします。目的を明確にしていないと、参加後にその経験をどう活かしていくかはっきりせず、学びを最大限に活かすことができません。「自分の学んできたこと・専門性を活かせるか知る」「会社と社員の雰囲気を知り、働くイメージをもつ」等、目的を達成するための必要な情報収集という観点から業界・企業・コース選びをしましょう。
    インターンシップは、自分の進むべき道を見つける第一歩です。ぜひ目的を明確にしたうえで様々なインターンシップに参加してください。

    Sky株式会社
    リクルーティンググループ 鈴木 智景氏

    インターンシップは様々な業界、仕事に触れるチャンス

    実は同じ業界でも企業によって実施されているインターンシップ内容は様々で、学べる事も多岐に渡ります。
    聞く、イメージする、考えることより、経験する事が財産になります。インターンシップは新たな自分を見つけるチャンスです。
    インターンシップに参加したことで、将来のビジョンを考えやすくなると思いますので、文系だから、理系だから、未経験だから等は特に気にせず、少しでも気になる企業にはどんどん参加していきましょう。

    日本生命保険相互会社
    人材開発部 結城 麻衣氏

    目的をもってインターンシップに参加しよう!

    インターンシップに参加する前に、自分が「何を得たいのか」、「何を学びたいのか」等、参加の目的を定め、
    それを達成できるインターンシップに参加することが大切です。
    また、企業選びの際には、業界を絞りすぎないようにするのもポイントです。
    初めから業界を絞りすぎると自分の可能性を狭めることにもつながります。
    関心のある業界や職種をいくつか洗い出し、幅広く参加するとより多くの気づきが得られるはずです。

  • 10月のテーマ:

    就活応援企業からのアドバイス

    毎月のテーマについて、人気企業の採用担当者がズバリ直言!
    採用の視点から皆さんにアドバイスしていきます。

    セイコーエプソン株式会社
    人事部 押元佑香氏

    「なぜインターンシップに参加する?」自分に問いかけよう。

    インターンシップ参加の目的を明確にして選ぶことをお勧めします。目的を明確にしていないと、参加後にその経験をどう活かしていくかはっきりせず、学びを最大限に活かすことができません。「自分の学んできたこと・専門性を活かせるか知る」「会社と社員の雰囲気を知り、働くイメージをもつ」等、目的を達成するための必要な情報収集という観点から業界・企業・コース選びをしましょう。
    インターンシップは、自分の進むべき道を見つける第一歩です。ぜひ目的を明確にしたうえで様々なインターンシップに参加してください。

    損害保険ジャパン株式会社
    人事部 人材開発グループ リーダー 中満 隆行氏

    幅広い視野で業界や職種を見てみよう

    最初から業界を絞らずに、まずは幅広い視野を持つことが大切です。皆さんにとって身近ではない業界や企業でも、魅力的な仕事に出会える可能性があります。
    また、同じ業界の企業であっても、社風や社員の特徴は様々です。ぜひ、可能な限り「複数」のインターンシップに参加してみてください。業界を限定するのではなく、職種ややりたい仕事を軸に選ぶ方法もおすすめです。
    今年もオンラインでのイベントが多いと思いますので、積極的に参加し、ご自身の世界を広げていってください!新しい挑戦は、必ず自分自身の成長につながります。

    株式会社あおぞら銀行
    人事部 山崎千穂氏

    様々な業界に触れよう!

    最初は、特定の業種に絞らず様々な業界を訪ねてみることをオススメします。当初興味のなかった業界だったとしても、実際の仕事を体感したり、イメージすることで、興味が湧いてきたり、自分に合っていることが分かるかもしれません。もし特定の業種に絞るとしても、仕事の流れを掴むために、川上から川下まで全て研究してみるのもいいと思います。最初は大手企業に目がいくかもしれませんが、日本には、普段の生活では触れることのない優良企業がたくさんあります。是非インターンシップを業界研究の第一歩として、活用してみてください!

    より広い視野で、自分の将来や可能性について考える

    どうしても身の回りの製品やサービスを提供している会社に目を向けがちです。折角の機会ですから、自分の興味のある業界だけではなく、知らない業界にも積極的に参加してみてください。その結果、関連業界との繋がりや、ビジネス全体の仕組みを理解することができます。業界を狭めすぎず、より広い視野で、自分の将来や可能性について考える機会としてください。また、インターンシップを通して、自分が「何を得たいのか」、「何を学びたいのか」、目的を設定し、目的を達成できるインターンシップに参加することが大切だと思います。

    日本生命保険相互会社
    人材開発部 結城 麻衣氏

    目的をもってインターンシップに参加しよう!

    インターンシップに参加する前に、自分が「何を得たいのか」、「何を学びたいのか」等、参加の目的を定め、
    それを達成できるインターンシップに参加することが大切です。
    また、企業選びの際には、業界を絞りすぎないようにするのもポイントです。
    初めから業界を絞りすぎると自分の可能性を狭めることにもつながります。
    関心のある業界や職種をいくつか洗い出し、幅広く参加するとより多くの気づきが得られるはずです。

    Sky株式会社
    リクルーティンググループ 鈴木 智景氏

    インターンシップは様々な業界、仕事に触れるチャンス

    実は同じ業界でも企業によって実施されているインターンシップ内容は様々で、学べる事も多岐に渡ります。
    聞く、イメージする、考えることより、経験する事が財産になります。インターンシップは新たな自分を見つけるチャンスです。
    インターンシップに参加したことで、将来のビジョンを考えやすくなると思いますので、文系だから、理系だから、未経験だから等は特に気にせず、少しでも気になる企業にはどんどん参加していきましょう。

  • 11月のテーマ:

    就活応援企業からのアドバイス

    毎月のテーマについて、人気企業の採用担当者がズバリ直言!
    採用の視点から皆さんにアドバイスしていきます。

    Sky株式会社
    リクルーティンググループ 鈴木 智景氏

    インターンシップは様々な業界、仕事に触れるチャンス

    実は同じ業界でも企業によって実施されているインターンシップ内容は様々で、学べる事も多岐に渡ります。
    聞く、イメージする、考えることより、経験する事が財産になります。インターンシップは新たな自分を見つけるチャンスです。
    インターンシップに参加したことで、将来のビジョンを考えやすくなると思いますので、文系だから、理系だから、未経験だから等は特に気にせず、少しでも気になる企業にはどんどん参加していきましょう。

    セイコーエプソン株式会社
    人事部 押元佑香氏

    「なぜインターンシップに参加する?」自分に問いかけよう。

    インターンシップ参加の目的を明確にして選ぶことをお勧めします。目的を明確にしていないと、参加後にその経験をどう活かしていくかはっきりせず、学びを最大限に活かすことができません。「自分の学んできたこと・専門性を活かせるか知る」「会社と社員の雰囲気を知り、働くイメージをもつ」等、目的を達成するための必要な情報収集という観点から業界・企業・コース選びをしましょう。
    インターンシップは、自分の進むべき道を見つける第一歩です。ぜひ目的を明確にしたうえで様々なインターンシップに参加してください。

    より広い視野で、自分の将来や可能性について考える

    どうしても身の回りの製品やサービスを提供している会社に目を向けがちです。折角の機会ですから、自分の興味のある業界だけではなく、知らない業界にも積極的に参加してみてください。その結果、関連業界との繋がりや、ビジネス全体の仕組みを理解することができます。業界を狭めすぎず、より広い視野で、自分の将来や可能性について考える機会としてください。また、インターンシップを通して、自分が「何を得たいのか」、「何を学びたいのか」、目的を設定し、目的を達成できるインターンシップに参加することが大切だと思います。

    株式会社あおぞら銀行
    人事部 山崎千穂氏

    様々な業界に触れよう!

    最初は、特定の業種に絞らず様々な業界を訪ねてみることをオススメします。当初興味のなかった業界だったとしても、実際の仕事を体感したり、イメージすることで、興味が湧いてきたり、自分に合っていることが分かるかもしれません。もし特定の業種に絞るとしても、仕事の流れを掴むために、川上から川下まで全て研究してみるのもいいと思います。最初は大手企業に目がいくかもしれませんが、日本には、普段の生活では触れることのない優良企業がたくさんあります。是非インターンシップを業界研究の第一歩として、活用してみてください!

    日本生命保険相互会社
    人材開発部 結城 麻衣氏

    目的をもってインターンシップに参加しよう!

    インターンシップに参加する前に、自分が「何を得たいのか」、「何を学びたいのか」等、参加の目的を定め、
    それを達成できるインターンシップに参加することが大切です。
    また、企業選びの際には、業界を絞りすぎないようにするのもポイントです。
    初めから業界を絞りすぎると自分の可能性を狭めることにもつながります。
    関心のある業界や職種をいくつか洗い出し、幅広く参加するとより多くの気づきが得られるはずです。

    損害保険ジャパン株式会社
    人事部 人材開発グループ リーダー 中満 隆行氏

    幅広い視野で業界や職種を見てみよう

    最初から業界を絞らずに、まずは幅広い視野を持つことが大切です。皆さんにとって身近ではない業界や企業でも、魅力的な仕事に出会える可能性があります。
    また、同じ業界の企業であっても、社風や社員の特徴は様々です。ぜひ、可能な限り「複数」のインターンシップに参加してみてください。業界を限定するのではなく、職種ややりたい仕事を軸に選ぶ方法もおすすめです。
    今年もオンラインでのイベントが多いと思いますので、積極的に参加し、ご自身の世界を広げていってください!新しい挑戦は、必ず自分自身の成長につながります。

  • 12月のテーマ:

    就活応援企業からのアドバイス

    毎月のテーマについて、人気企業の採用担当者がズバリ直言!
    採用の視点から皆さんにアドバイスしていきます。

    損害保険ジャパン株式会社
    人事部 人材開発グループ リーダー 中満 隆行氏

    幅広い視野で業界や職種を見てみよう

    最初から業界を絞らずに、まずは幅広い視野を持つことが大切です。皆さんにとって身近ではない業界や企業でも、魅力的な仕事に出会える可能性があります。
    また、同じ業界の企業であっても、社風や社員の特徴は様々です。ぜひ、可能な限り「複数」のインターンシップに参加してみてください。業界を限定するのではなく、職種ややりたい仕事を軸に選ぶ方法もおすすめです。
    今年もオンラインでのイベントが多いと思いますので、積極的に参加し、ご自身の世界を広げていってください!新しい挑戦は、必ず自分自身の成長につながります。

    Sky株式会社
    リクルーティンググループ 鈴木 智景氏

    インターンシップは様々な業界、仕事に触れるチャンス

    実は同じ業界でも企業によって実施されているインターンシップ内容は様々で、学べる事も多岐に渡ります。
    聞く、イメージする、考えることより、経験する事が財産になります。インターンシップは新たな自分を見つけるチャンスです。
    インターンシップに参加したことで、将来のビジョンを考えやすくなると思いますので、文系だから、理系だから、未経験だから等は特に気にせず、少しでも気になる企業にはどんどん参加していきましょう。

    日本生命保険相互会社
    人材開発部 結城 麻衣氏

    目的をもってインターンシップに参加しよう!

    インターンシップに参加する前に、自分が「何を得たいのか」、「何を学びたいのか」等、参加の目的を定め、
    それを達成できるインターンシップに参加することが大切です。
    また、企業選びの際には、業界を絞りすぎないようにするのもポイントです。
    初めから業界を絞りすぎると自分の可能性を狭めることにもつながります。
    関心のある業界や職種をいくつか洗い出し、幅広く参加するとより多くの気づきが得られるはずです。

    株式会社あおぞら銀行
    人事部 山崎千穂氏

    様々な業界に触れよう!

    最初は、特定の業種に絞らず様々な業界を訪ねてみることをオススメします。当初興味のなかった業界だったとしても、実際の仕事を体感したり、イメージすることで、興味が湧いてきたり、自分に合っていることが分かるかもしれません。もし特定の業種に絞るとしても、仕事の流れを掴むために、川上から川下まで全て研究してみるのもいいと思います。最初は大手企業に目がいくかもしれませんが、日本には、普段の生活では触れることのない優良企業がたくさんあります。是非インターンシップを業界研究の第一歩として、活用してみてください!

    より広い視野で、自分の将来や可能性について考える

    どうしても身の回りの製品やサービスを提供している会社に目を向けがちです。折角の機会ですから、自分の興味のある業界だけではなく、知らない業界にも積極的に参加してみてください。その結果、関連業界との繋がりや、ビジネス全体の仕組みを理解することができます。業界を狭めすぎず、より広い視野で、自分の将来や可能性について考える機会としてください。また、インターンシップを通して、自分が「何を得たいのか」、「何を学びたいのか」、目的を設定し、目的を達成できるインターンシップに参加することが大切だと思います。

    セイコーエプソン株式会社
    人事部 押元佑香氏

    「なぜインターンシップに参加する?」自分に問いかけよう。

    インターンシップ参加の目的を明確にして選ぶことをお勧めします。目的を明確にしていないと、参加後にその経験をどう活かしていくかはっきりせず、学びを最大限に活かすことができません。「自分の学んできたこと・専門性を活かせるか知る」「会社と社員の雰囲気を知り、働くイメージをもつ」等、目的を達成するための必要な情報収集という観点から業界・企業・コース選びをしましょう。
    インターンシップは、自分の進むべき道を見つける第一歩です。ぜひ目的を明確にしたうえで様々なインターンシップに参加してください。

  • 1月のテーマ:

    就活応援企業からのアドバイス

    毎月のテーマについて、人気企業の採用担当者がズバリ直言!
    採用の視点から皆さんにアドバイスしていきます。

    より広い視野で、自分の将来や可能性について考える

    どうしても身の回りの製品やサービスを提供している会社に目を向けがちです。折角の機会ですから、自分の興味のある業界だけではなく、知らない業界にも積極的に参加してみてください。その結果、関連業界との繋がりや、ビジネス全体の仕組みを理解することができます。業界を狭めすぎず、より広い視野で、自分の将来や可能性について考える機会としてください。また、インターンシップを通して、自分が「何を得たいのか」、「何を学びたいのか」、目的を設定し、目的を達成できるインターンシップに参加することが大切だと思います。

    株式会社あおぞら銀行
    人事部 山崎千穂氏

    様々な業界に触れよう!

    最初は、特定の業種に絞らず様々な業界を訪ねてみることをオススメします。当初興味のなかった業界だったとしても、実際の仕事を体感したり、イメージすることで、興味が湧いてきたり、自分に合っていることが分かるかもしれません。もし特定の業種に絞るとしても、仕事の流れを掴むために、川上から川下まで全て研究してみるのもいいと思います。最初は大手企業に目がいくかもしれませんが、日本には、普段の生活では触れることのない優良企業がたくさんあります。是非インターンシップを業界研究の第一歩として、活用してみてください!

    Sky株式会社
    リクルーティンググループ 鈴木 智景氏

    インターンシップは様々な業界、仕事に触れるチャンス

    実は同じ業界でも企業によって実施されているインターンシップ内容は様々で、学べる事も多岐に渡ります。
    聞く、イメージする、考えることより、経験する事が財産になります。インターンシップは新たな自分を見つけるチャンスです。
    インターンシップに参加したことで、将来のビジョンを考えやすくなると思いますので、文系だから、理系だから、未経験だから等は特に気にせず、少しでも気になる企業にはどんどん参加していきましょう。

    損害保険ジャパン株式会社
    人事部 人材開発グループ リーダー 中満 隆行氏

    幅広い視野で業界や職種を見てみよう

    最初から業界を絞らずに、まずは幅広い視野を持つことが大切です。皆さんにとって身近ではない業界や企業でも、魅力的な仕事に出会える可能性があります。
    また、同じ業界の企業であっても、社風や社員の特徴は様々です。ぜひ、可能な限り「複数」のインターンシップに参加してみてください。業界を限定するのではなく、職種ややりたい仕事を軸に選ぶ方法もおすすめです。
    今年もオンラインでのイベントが多いと思いますので、積極的に参加し、ご自身の世界を広げていってください!新しい挑戦は、必ず自分自身の成長につながります。

    セイコーエプソン株式会社
    人事部 押元佑香氏

    「なぜインターンシップに参加する?」自分に問いかけよう。

    インターンシップ参加の目的を明確にして選ぶことをお勧めします。目的を明確にしていないと、参加後にその経験をどう活かしていくかはっきりせず、学びを最大限に活かすことができません。「自分の学んできたこと・専門性を活かせるか知る」「会社と社員の雰囲気を知り、働くイメージをもつ」等、目的を達成するための必要な情報収集という観点から業界・企業・コース選びをしましょう。
    インターンシップは、自分の進むべき道を見つける第一歩です。ぜひ目的を明確にしたうえで様々なインターンシップに参加してください。

    日本生命保険相互会社
    人材開発部 結城 麻衣氏

    目的をもってインターンシップに参加しよう!

    インターンシップに参加する前に、自分が「何を得たいのか」、「何を学びたいのか」等、参加の目的を定め、
    それを達成できるインターンシップに参加することが大切です。
    また、企業選びの際には、業界を絞りすぎないようにするのもポイントです。
    初めから業界を絞りすぎると自分の可能性を狭めることにもつながります。
    関心のある業界や職種をいくつか洗い出し、幅広く参加するとより多くの気づきが得られるはずです。

  • 2月のテーマ:

    就活応援企業からのアドバイス

    毎月のテーマについて、人気企業の採用担当者がズバリ直言!
    採用の視点から皆さんにアドバイスしていきます。

    損害保険ジャパン株式会社
    人事部 人材開発グループ リーダー 中満 隆行氏

    幅広い視野で業界や職種を見てみよう

    最初から業界を絞らずに、まずは幅広い視野を持つことが大切です。皆さんにとって身近ではない業界や企業でも、魅力的な仕事に出会える可能性があります。
    また、同じ業界の企業であっても、社風や社員の特徴は様々です。ぜひ、可能な限り「複数」のインターンシップに参加してみてください。業界を限定するのではなく、職種ややりたい仕事を軸に選ぶ方法もおすすめです。
    今年もオンラインでのイベントが多いと思いますので、積極的に参加し、ご自身の世界を広げていってください!新しい挑戦は、必ず自分自身の成長につながります。

    日本生命保険相互会社
    人材開発部 結城 麻衣氏

    目的をもってインターンシップに参加しよう!

    インターンシップに参加する前に、自分が「何を得たいのか」、「何を学びたいのか」等、参加の目的を定め、
    それを達成できるインターンシップに参加することが大切です。
    また、企業選びの際には、業界を絞りすぎないようにするのもポイントです。
    初めから業界を絞りすぎると自分の可能性を狭めることにもつながります。
    関心のある業界や職種をいくつか洗い出し、幅広く参加するとより多くの気づきが得られるはずです。

    株式会社あおぞら銀行
    人事部 山崎千穂氏

    様々な業界に触れよう!

    最初は、特定の業種に絞らず様々な業界を訪ねてみることをオススメします。当初興味のなかった業界だったとしても、実際の仕事を体感したり、イメージすることで、興味が湧いてきたり、自分に合っていることが分かるかもしれません。もし特定の業種に絞るとしても、仕事の流れを掴むために、川上から川下まで全て研究してみるのもいいと思います。最初は大手企業に目がいくかもしれませんが、日本には、普段の生活では触れることのない優良企業がたくさんあります。是非インターンシップを業界研究の第一歩として、活用してみてください!

    セイコーエプソン株式会社
    人事部 押元佑香氏

    「なぜインターンシップに参加する?」自分に問いかけよう。

    インターンシップ参加の目的を明確にして選ぶことをお勧めします。目的を明確にしていないと、参加後にその経験をどう活かしていくかはっきりせず、学びを最大限に活かすことができません。「自分の学んできたこと・専門性を活かせるか知る」「会社と社員の雰囲気を知り、働くイメージをもつ」等、目的を達成するための必要な情報収集という観点から業界・企業・コース選びをしましょう。
    インターンシップは、自分の進むべき道を見つける第一歩です。ぜひ目的を明確にしたうえで様々なインターンシップに参加してください。

    より広い視野で、自分の将来や可能性について考える

    どうしても身の回りの製品やサービスを提供している会社に目を向けがちです。折角の機会ですから、自分の興味のある業界だけではなく、知らない業界にも積極的に参加してみてください。その結果、関連業界との繋がりや、ビジネス全体の仕組みを理解することができます。業界を狭めすぎず、より広い視野で、自分の将来や可能性について考える機会としてください。また、インターンシップを通して、自分が「何を得たいのか」、「何を学びたいのか」、目的を設定し、目的を達成できるインターンシップに参加することが大切だと思います。

    Sky株式会社
    リクルーティンググループ 鈴木 智景氏

    インターンシップは様々な業界、仕事に触れるチャンス

    実は同じ業界でも企業によって実施されているインターンシップ内容は様々で、学べる事も多岐に渡ります。
    聞く、イメージする、考えることより、経験する事が財産になります。インターンシップは新たな自分を見つけるチャンスです。
    インターンシップに参加したことで、将来のビジョンを考えやすくなると思いますので、文系だから、理系だから、未経験だから等は特に気にせず、少しでも気になる企業にはどんどん参加していきましょう。

  • 3月のテーマ:

    就活応援企業からのアドバイス

    毎月のテーマについて、人気企業の採用担当者がズバリ直言!
    採用の視点から皆さんにアドバイスしていきます。

    Sky株式会社
    リクルーティンググループ 鈴木 智景氏

    インターンシップは様々な業界、仕事に触れるチャンス

    実は同じ業界でも企業によって実施されているインターンシップ内容は様々で、学べる事も多岐に渡ります。
    聞く、イメージする、考えることより、経験する事が財産になります。インターンシップは新たな自分を見つけるチャンスです。
    インターンシップに参加したことで、将来のビジョンを考えやすくなると思いますので、文系だから、理系だから、未経験だから等は特に気にせず、少しでも気になる企業にはどんどん参加していきましょう。

    より広い視野で、自分の将来や可能性について考える

    どうしても身の回りの製品やサービスを提供している会社に目を向けがちです。折角の機会ですから、自分の興味のある業界だけではなく、知らない業界にも積極的に参加してみてください。その結果、関連業界との繋がりや、ビジネス全体の仕組みを理解することができます。業界を狭めすぎず、より広い視野で、自分の将来や可能性について考える機会としてください。また、インターンシップを通して、自分が「何を得たいのか」、「何を学びたいのか」、目的を設定し、目的を達成できるインターンシップに参加することが大切だと思います。

    セイコーエプソン株式会社
    人事部 押元佑香氏

    「なぜインターンシップに参加する?」自分に問いかけよう。

    インターンシップ参加の目的を明確にして選ぶことをお勧めします。目的を明確にしていないと、参加後にその経験をどう活かしていくかはっきりせず、学びを最大限に活かすことができません。「自分の学んできたこと・専門性を活かせるか知る」「会社と社員の雰囲気を知り、働くイメージをもつ」等、目的を達成するための必要な情報収集という観点から業界・企業・コース選びをしましょう。
    インターンシップは、自分の進むべき道を見つける第一歩です。ぜひ目的を明確にしたうえで様々なインターンシップに参加してください。

    損害保険ジャパン株式会社
    人事部 人材開発グループ リーダー 中満 隆行氏

    幅広い視野で業界や職種を見てみよう

    最初から業界を絞らずに、まずは幅広い視野を持つことが大切です。皆さんにとって身近ではない業界や企業でも、魅力的な仕事に出会える可能性があります。
    また、同じ業界の企業であっても、社風や社員の特徴は様々です。ぜひ、可能な限り「複数」のインターンシップに参加してみてください。業界を限定するのではなく、職種ややりたい仕事を軸に選ぶ方法もおすすめです。
    今年もオンラインでのイベントが多いと思いますので、積極的に参加し、ご自身の世界を広げていってください!新しい挑戦は、必ず自分自身の成長につながります。

    日本生命保険相互会社
    人材開発部 結城 麻衣氏

    目的をもってインターンシップに参加しよう!

    インターンシップに参加する前に、自分が「何を得たいのか」、「何を学びたいのか」等、参加の目的を定め、
    それを達成できるインターンシップに参加することが大切です。
    また、企業選びの際には、業界を絞りすぎないようにするのもポイントです。
    初めから業界を絞りすぎると自分の可能性を狭めることにもつながります。
    関心のある業界や職種をいくつか洗い出し、幅広く参加するとより多くの気づきが得られるはずです。

    株式会社あおぞら銀行
    人事部 山崎千穂氏

    様々な業界に触れよう!

    最初は、特定の業種に絞らず様々な業界を訪ねてみることをオススメします。当初興味のなかった業界だったとしても、実際の仕事を体感したり、イメージすることで、興味が湧いてきたり、自分に合っていることが分かるかもしれません。もし特定の業種に絞るとしても、仕事の流れを掴むために、川上から川下まで全て研究してみるのもいいと思います。最初は大手企業に目がいくかもしれませんが、日本には、普段の生活では触れることのない優良企業がたくさんあります。是非インターンシップを業界研究の第一歩として、活用してみてください!

  • 4月のテーマ:

    就活応援企業からのアドバイス

    毎月のテーマについて、人気企業の採用担当者がズバリ直言!
    採用の視点から皆さんにアドバイスしていきます。

    Sky株式会社
    リクルーティンググループ 鈴木 智景氏

    インターンシップは様々な業界、仕事に触れるチャンス

    実は同じ業界でも企業によって実施されているインターンシップ内容は様々で、学べる事も多岐に渡ります。
    聞く、イメージする、考えることより、経験する事が財産になります。インターンシップは新たな自分を見つけるチャンスです。
    インターンシップに参加したことで、将来のビジョンを考えやすくなると思いますので、文系だから、理系だから、未経験だから等は特に気にせず、少しでも気になる企業にはどんどん参加していきましょう。

    損害保険ジャパン株式会社
    人事部 人材開発グループ リーダー 中満 隆行氏

    幅広い視野で業界や職種を見てみよう

    最初から業界を絞らずに、まずは幅広い視野を持つことが大切です。皆さんにとって身近ではない業界や企業でも、魅力的な仕事に出会える可能性があります。
    また、同じ業界の企業であっても、社風や社員の特徴は様々です。ぜひ、可能な限り「複数」のインターンシップに参加してみてください。業界を限定するのではなく、職種ややりたい仕事を軸に選ぶ方法もおすすめです。
    今年もオンラインでのイベントが多いと思いますので、積極的に参加し、ご自身の世界を広げていってください!新しい挑戦は、必ず自分自身の成長につながります。

    株式会社あおぞら銀行
    人事部 山崎千穂氏

    様々な業界に触れよう!

    最初は、特定の業種に絞らず様々な業界を訪ねてみることをオススメします。当初興味のなかった業界だったとしても、実際の仕事を体感したり、イメージすることで、興味が湧いてきたり、自分に合っていることが分かるかもしれません。もし特定の業種に絞るとしても、仕事の流れを掴むために、川上から川下まで全て研究してみるのもいいと思います。最初は大手企業に目がいくかもしれませんが、日本には、普段の生活では触れることのない優良企業がたくさんあります。是非インターンシップを業界研究の第一歩として、活用してみてください!

    セイコーエプソン株式会社
    人事部 押元佑香氏

    「なぜインターンシップに参加する?」自分に問いかけよう。

    インターンシップ参加の目的を明確にして選ぶことをお勧めします。目的を明確にしていないと、参加後にその経験をどう活かしていくかはっきりせず、学びを最大限に活かすことができません。「自分の学んできたこと・専門性を活かせるか知る」「会社と社員の雰囲気を知り、働くイメージをもつ」等、目的を達成するための必要な情報収集という観点から業界・企業・コース選びをしましょう。
    インターンシップは、自分の進むべき道を見つける第一歩です。ぜひ目的を明確にしたうえで様々なインターンシップに参加してください。

    より広い視野で、自分の将来や可能性について考える

    どうしても身の回りの製品やサービスを提供している会社に目を向けがちです。折角の機会ですから、自分の興味のある業界だけではなく、知らない業界にも積極的に参加してみてください。その結果、関連業界との繋がりや、ビジネス全体の仕組みを理解することができます。業界を狭めすぎず、より広い視野で、自分の将来や可能性について考える機会としてください。また、インターンシップを通して、自分が「何を得たいのか」、「何を学びたいのか」、目的を設定し、目的を達成できるインターンシップに参加することが大切だと思います。

    日本生命保険相互会社
    人材開発部 結城 麻衣氏

    目的をもってインターンシップに参加しよう!

    インターンシップに参加する前に、自分が「何を得たいのか」、「何を学びたいのか」等、参加の目的を定め、
    それを達成できるインターンシップに参加することが大切です。
    また、企業選びの際には、業界を絞りすぎないようにするのもポイントです。
    初めから業界を絞りすぎると自分の可能性を狭めることにもつながります。
    関心のある業界や職種をいくつか洗い出し、幅広く参加するとより多くの気づきが得られるはずです。

  • 5月のテーマ:

    就活応援企業からのアドバイス

    毎月のテーマについて、人気企業の採用担当者がズバリ直言!
    採用の視点から皆さんにアドバイスしていきます。

    日本生命保険相互会社
    人材開発部 結城 麻衣氏

    目的をもってインターンシップに参加しよう!

    インターンシップに参加する前に、自分が「何を得たいのか」、「何を学びたいのか」等、参加の目的を定め、
    それを達成できるインターンシップに参加することが大切です。
    また、企業選びの際には、業界を絞りすぎないようにするのもポイントです。
    初めから業界を絞りすぎると自分の可能性を狭めることにもつながります。
    関心のある業界や職種をいくつか洗い出し、幅広く参加するとより多くの気づきが得られるはずです。

    セイコーエプソン株式会社
    人事部 押元佑香氏

    「なぜインターンシップに参加する?」自分に問いかけよう。

    インターンシップ参加の目的を明確にして選ぶことをお勧めします。目的を明確にしていないと、参加後にその経験をどう活かしていくかはっきりせず、学びを最大限に活かすことができません。「自分の学んできたこと・専門性を活かせるか知る」「会社と社員の雰囲気を知り、働くイメージをもつ」等、目的を達成するための必要な情報収集という観点から業界・企業・コース選びをしましょう。
    インターンシップは、自分の進むべき道を見つける第一歩です。ぜひ目的を明確にしたうえで様々なインターンシップに参加してください。

    損害保険ジャパン株式会社
    人事部 人材開発グループ リーダー 中満 隆行氏

    幅広い視野で業界や職種を見てみよう

    最初から業界を絞らずに、まずは幅広い視野を持つことが大切です。皆さんにとって身近ではない業界や企業でも、魅力的な仕事に出会える可能性があります。
    また、同じ業界の企業であっても、社風や社員の特徴は様々です。ぜひ、可能な限り「複数」のインターンシップに参加してみてください。業界を限定するのではなく、職種ややりたい仕事を軸に選ぶ方法もおすすめです。
    今年もオンラインでのイベントが多いと思いますので、積極的に参加し、ご自身の世界を広げていってください!新しい挑戦は、必ず自分自身の成長につながります。

    株式会社あおぞら銀行
    人事部 山崎千穂氏

    様々な業界に触れよう!

    最初は、特定の業種に絞らず様々な業界を訪ねてみることをオススメします。当初興味のなかった業界だったとしても、実際の仕事を体感したり、イメージすることで、興味が湧いてきたり、自分に合っていることが分かるかもしれません。もし特定の業種に絞るとしても、仕事の流れを掴むために、川上から川下まで全て研究してみるのもいいと思います。最初は大手企業に目がいくかもしれませんが、日本には、普段の生活では触れることのない優良企業がたくさんあります。是非インターンシップを業界研究の第一歩として、活用してみてください!

    Sky株式会社
    リクルーティンググループ 鈴木 智景氏

    インターンシップは様々な業界、仕事に触れるチャンス

    実は同じ業界でも企業によって実施されているインターンシップ内容は様々で、学べる事も多岐に渡ります。
    聞く、イメージする、考えることより、経験する事が財産になります。インターンシップは新たな自分を見つけるチャンスです。
    インターンシップに参加したことで、将来のビジョンを考えやすくなると思いますので、文系だから、理系だから、未経験だから等は特に気にせず、少しでも気になる企業にはどんどん参加していきましょう。

    より広い視野で、自分の将来や可能性について考える

    どうしても身の回りの製品やサービスを提供している会社に目を向けがちです。折角の機会ですから、自分の興味のある業界だけではなく、知らない業界にも積極的に参加してみてください。その結果、関連業界との繋がりや、ビジネス全体の仕組みを理解することができます。業界を狭めすぎず、より広い視野で、自分の将来や可能性について考える機会としてください。また、インターンシップを通して、自分が「何を得たいのか」、「何を学びたいのか」、目的を設定し、目的を達成できるインターンシップに参加することが大切だと思います。

  • 6月のテーマ:

    就活応援企業からのアドバイス

    毎月のテーマについて、人気企業の採用担当者がズバリ直言!
    採用の視点から皆さんにアドバイスしていきます。

    日本生命保険相互会社
    人材開発部 結城 麻衣氏

    目的をもってインターンシップに参加しよう!

    インターンシップに参加する前に、自分が「何を得たいのか」、「何を学びたいのか」等、参加の目的を定め、
    それを達成できるインターンシップに参加することが大切です。
    また、企業選びの際には、業界を絞りすぎないようにするのもポイントです。
    初めから業界を絞りすぎると自分の可能性を狭めることにもつながります。
    関心のある業界や職種をいくつか洗い出し、幅広く参加するとより多くの気づきが得られるはずです。

    セイコーエプソン株式会社
    人事部 押元佑香氏

    「なぜインターンシップに参加する?」自分に問いかけよう。

    インターンシップ参加の目的を明確にして選ぶことをお勧めします。目的を明確にしていないと、参加後にその経験をどう活かしていくかはっきりせず、学びを最大限に活かすことができません。「自分の学んできたこと・専門性を活かせるか知る」「会社と社員の雰囲気を知り、働くイメージをもつ」等、目的を達成するための必要な情報収集という観点から業界・企業・コース選びをしましょう。
    インターンシップは、自分の進むべき道を見つける第一歩です。ぜひ目的を明確にしたうえで様々なインターンシップに参加してください。

    より広い視野で、自分の将来や可能性について考える

    どうしても身の回りの製品やサービスを提供している会社に目を向けがちです。折角の機会ですから、自分の興味のある業界だけではなく、知らない業界にも積極的に参加してみてください。その結果、関連業界との繋がりや、ビジネス全体の仕組みを理解することができます。業界を狭めすぎず、より広い視野で、自分の将来や可能性について考える機会としてください。また、インターンシップを通して、自分が「何を得たいのか」、「何を学びたいのか」、目的を設定し、目的を達成できるインターンシップに参加することが大切だと思います。

    損害保険ジャパン株式会社
    人事部 人材開発グループ リーダー 中満 隆行氏

    幅広い視野で業界や職種を見てみよう

    最初から業界を絞らずに、まずは幅広い視野を持つことが大切です。皆さんにとって身近ではない業界や企業でも、魅力的な仕事に出会える可能性があります。
    また、同じ業界の企業であっても、社風や社員の特徴は様々です。ぜひ、可能な限り「複数」のインターンシップに参加してみてください。業界を限定するのではなく、職種ややりたい仕事を軸に選ぶ方法もおすすめです。
    今年もオンラインでのイベントが多いと思いますので、積極的に参加し、ご自身の世界を広げていってください!新しい挑戦は、必ず自分自身の成長につながります。

    Sky株式会社
    リクルーティンググループ 鈴木 智景氏

    インターンシップは様々な業界、仕事に触れるチャンス

    実は同じ業界でも企業によって実施されているインターンシップ内容は様々で、学べる事も多岐に渡ります。
    聞く、イメージする、考えることより、経験する事が財産になります。インターンシップは新たな自分を見つけるチャンスです。
    インターンシップに参加したことで、将来のビジョンを考えやすくなると思いますので、文系だから、理系だから、未経験だから等は特に気にせず、少しでも気になる企業にはどんどん参加していきましょう。

    株式会社あおぞら銀行
    人事部 山崎千穂氏

    様々な業界に触れよう!

    最初は、特定の業種に絞らず様々な業界を訪ねてみることをオススメします。当初興味のなかった業界だったとしても、実際の仕事を体感したり、イメージすることで、興味が湧いてきたり、自分に合っていることが分かるかもしれません。もし特定の業種に絞るとしても、仕事の流れを掴むために、川上から川下まで全て研究してみるのもいいと思います。最初は大手企業に目がいくかもしれませんが、日本には、普段の生活では触れることのない優良企業がたくさんあります。是非インターンシップを業界研究の第一歩として、活用してみてください!

本調査は皆さんの就職活動を支援することを目的に、
就活応援企業の協賛で運営されています。

ページトップへ