【重要】新型コロナウィルスに関する弊社イベントでの感染予防対策について

企業研究に役立つ情報満載 8,344

ベストマッチモード★採用実績校や大学別人気ランキングで企業を発見!

団体情報

茨城県庁

  • [公社・官庁]

一緒に「新しい茨城」づくりに挑戦しましょう。

茨城県では「茨城に住みたい、住み続けたい」人が大いに増えるような、「活力があり、県民が日 本一幸せな県」の実現に向けて、県庁一丸となって取り組んでいます。
時代の変化に柔軟かつ的確に対応するためには、前例にとらわれず、新たな施策に積極果敢に挑戦していける若い力が必要です。
茨城県をワクワクするような魅力ある県にしたいと思っている皆さん、私たちと共に、未来に希望の持てる「新しい茨城」づくりに挑戦していきましょう!

アメリカでの常陸牛プロモーション

外国語指導助手(ALT)による英語教育

女沼川改修事業

■団体概要

展望・ビジョン
県民の生活に関わるあらゆる分野の仕事を行うため、事務や土木、建築、農業、林業、薬剤師、獣医師、福祉など、様々な職種の職員が働いています。

事務(知事部局等)の業務には、例えば以下のようなものがあります。
○施策の企画・推進
○予算の編成・執行
○条例・規則の制定
○申請に対する許認可
○税の徴収
○用地買収の交渉 など

※詳細は、以下の職種別の業務紹介ページをご覧ください。
https://www.pref.ibaraki.jp/jinjiiin/ninyo/gijutsu.html
理念
私たちは今、前例主義が通用しない、予測困難な「非連続の時代」を迎えています。人口減少や超高齢化をはじめ、コロナ禍の影響による人々の価値観の変化、気候変動問題、デジタル技術の進歩による社会構造の大幅な変化など、激動の時代に対応し、困難な課題に立ち向かっていかなければなりません。
そのような中、茨城県庁自身が挑戦する組織に変化し、従来の常識や処方箋にとらわれず、新たな発想で失敗を恐れずに果敢に挑戦していくため、
(1)挑戦
(2)スピード感
(3)選択と集中
の3つの基本姿勢を県庁全体で共有しながら、改革の取り組みを進めています。
特徴
茨城県では、職員が県民本位の業務に注力できるよう、RPAやAIなどICTを積極的に活用して業務時間の削減に取り組み、県民と向き合う時間を確保しています。
また、電子決裁率の100%達成など、業務のデジタル化を進めてきた結果、2020年に専門情報誌が発表した都道府県の「電子化推進度ランキング」において、茨城県が総合1位の評価をいただいています。
今後も業務のデジタル化をより積極的に推進し、職員を単純な作業から解放し、真に必要なクリエイティブな仕事に注力できる環境を進めていきます。

基本データ

所在地
〒310-8555 茨城県水戸市笠原町978-6
柔軟な働き方を推進しています
茨城県では職員が働きやすい職場づくりに取り組んでいます。

【時差出勤制度】
通常の勤務時間(8:30〜17:15)以外に、早出の5パターン、遅出の8パターンの合計13パターンから自分のライフスタイルに合わせて柔軟に勤務することができる制度です。特別な理由がなくても全職員が利用可能で、約4割の職員がこの制度を利用しています。

【テレワーク】
いつでもどこでも効率的に業務ができるよう、全職員を対象にテレワークができる環境を整備しています。制度を利用した職員からは「自分のペースで仕事ができる」「通勤時間がなくなり、時間を有効活用できる」などの声が寄せられています。
先輩からのメッセージを紹介します
働く仲間先輩職員からのメッセージを紹介します(事務・土木・獣医師・林業)
【事務(知事部局等)】技術革新課勤務(2012年度採用)
ーー茨城県職員を選んだ理由・動機ーー
学生時代に知的財産法を専攻していたので、電機産業が集積する日立市や研究機関が立地するつくば市など、先端技術や先導的研究の集積に強みを持つ本県において、知財等に係る自分の知識を地域に還元することで産業振興や地域振興に携わりたいと考えて、本県を志望しました。

ーー現在の仕事内容と魅力ーー
現在は産業振興の業務を担当しています。企業訪問して施策に関する意見を伺い、新たな施策立案につなげたりするほか、企業向けのセミナーや研修などを実施しています。当課では、出先機関である産業技術イノベーションセンターと連携して、企業の新ビジネス創出を支援するための事業を展開するなど、新しい時代に対応した施策に挑戦しています。


【土木職】土木部道路維持課勤務(2012年採用)
ーー茨城県職員を選んだ理由・動機ーー
幼い頃から街並みや散策が好きで、将来まちづくりに関わりたいと考えるようになりました。大学在学中にその考えが強くなり、また生まれ育った茨城県に広く携わり貢献していきたいと思い、県職員を志望しました。

ーー現在の仕事内容と魅力ーー
県民の皆様が安心して道路を利用していただけるよう、交通安全に関わる業務を主に担当しています。道路は生活の基盤となるインフラの一つですので、大変やりがいのある仕事だと感じています。また、国と市町村の橋渡しを行うことが多いため、様々な人と交流が図れるほか、幅広い知識を習得することができます。


【獣医師職】鹿行家畜保健衛生所(2010年度採用)
ーー茨城県職員を選んだ理由・動機ーー
公務員は子育てと仕事の両立をしやすいというイメージがあり、また、生まれ育った茨城県で仕事がしたいという思いから、茨城県職員を選びました。

ーー現在の仕事内容と魅力ーー
家畜保健衛生所は、家畜の病気が蔓延しないよう、検査や農家さんへの衛生指導をしています。農家さんからの依頼で、病気の家畜の検査をしてその原因を突き止め、農家さんに感謝されたとき、この仕事のやりがいを感じます。現所属は職員が7名と少ないですが、一人一人が活躍でき、役職にかかわらず意見を出せる明るい雰囲気です。普段から定時で退庁できるよう、担当業務にかかわらず全員で協力して仕事をしています。


【林業職】 農林水産部林政課(2003年度採用)
ーー茨城県職員を選んだ理由・動機ーー
茨城県大子町で育ち、子供の頃から森林が身近な存在でした。環境破壊が問題視される中、林業という仕事が環境保全に繋がっていることを知り、茨城県の森林のために何かしたいと考え、林業職を志望しました。

ーー現在の仕事内容と魅力ーー
特用林産物の生産振興の業務に従事しています。特用林産物とは食用のきのこ類、山菜類やうるし、木炭等のことで、中でも本県は、原木しいたけやうるしは全国有数の生産県であり、まだまだ伸びしろがあると考えています。生産者の方々の生の声を聴きながら、経営向上を目指して一緒に生産振興を図っていく、とてもやりがいのある仕事です。
最終更新日時:2022/05/12 09:47

就活イチゴイチエ

採用担当者の本音がわかる!
インターネットラジオ

インターネットラジオを聴く

毎週土曜17:45〜18:00 OA
文化放送 AMラジオ1134kHz

ブンナビのツイッター



ページトップへ

ブックマークしました。

ブックマークを解除しました。