【重要】新型コロナウィルスに関する弊社イベントでの感染予防対策について

企業研究に役立つ情報満載 8,107

ベストマッチモード★採用実績校や大学別人気ランキングで企業を発見!

会社情報

大同生命保険株式会社

  • [生命保険]
  • 正社員
東洋経済・DATA特色
T&D保険グループ。多様な保障ニーズにきめ細かく対応したオーダーメイド型商品を発売し,ラインアップ拡充を推進。
リンク

■ビジネスの概要

事業内容
経営者保険のパイオニア

私たち大同生命は、日本の99.7%を支える会社です。
1902年(明治35年)創業の当社は、1970年代、他社に先駆けて日本の企業の99.7%を占める中小企業市場に特化し、
「経営者保険のパイオニア」として独自のビジネスモデルを構築してきました。
それ以来、中小企業を取り巻く環境変化をふまえた保険商品・サービスの提供を続け、日本を支える中小企業の永続的発展に貢献しています。
また、先人から受け継いだ「挑戦のDNA」のもと、2013年にはドイツ上場保険グループ「ニュルンベルガー社」、2018年にはオーストラリアの新興生命グループ「インテグリティ社」と戦略的な業務提携を行いました。
「新たな挑戦」を通じて、企業価値の安定的・持続的な向上に取り組んでいます。
ビジネスの展望・ビジョン
私たちは、次の5つの観点から、“すべてのステークホルダーの満足度(GDH)”の増大を追求していきます。
※GDH=Gross Daido Happiness

1.中小企業のお客さまに「最高の安心」と「最大の満足」をお届けする生命保険会社を目指します。
2.コアビジネスの発展と新たな価値の創造を通じて、企業価値の安定的・持続的な向上を目指します。
3.提携先や代理店をはじめとするパートナーとの共存共栄を目指します。
4.チャレンジ精神を大切にし、すべての従業員がやりがいをもって働ける企業を目指します。
5.公正・誠実な企業活動と地域への貢献を通じて、社会から信認される企業を目指します。
企業理念
加入者本位・堅実経営
製品・サービス・技術力・開発力
目まぐるしく変化する時代の中で、経営者を取り巻くリスクも多様化しています。
以前は経営者に万一のことがあった場合のリスク対策を中心に行っていましたが、医療技術の進歩により、死亡リスクだけでなく、就業不能リスクや長生きへのリスク対策も必要です。さらに、経営者は一家の大黒柱としての役割を担っていることも多いため、「法人・個人のトータル保障提案」に力を入れています。
また、保険商品の提供にとどまらず、健康経営や事業継続といった「生命保険+α」の価値提供にも取り組んでいます。大同生命では、国内外のベンチャー企業や特定分野におけるトップカンパニーとのパートナーシップを拡大しており、パートナー企業が持つノウハウを共有いただくことで、魅力的な商品・サービスを迅速に届けることができる環境づくりに努めています。
社風
新たな分野に積極的に挑戦していく先進的な企業文化
“第4の創業はすぐ目の前に!”

118年の歴史がある大同生命には、3度の創業と呼べる大きな転換期がありました。

第1の創業は1902年。朝日、護国、北海の生命保険3社が合併し、大同生命は誕生しました。
第2の創業は1970年代。各種団体との提携や専用商品の開発等、中小企業市場への特化戦略を打ち出しました。
「生命保険=家庭市場」という業界常識を打ち破る、独自のビジネスモデルの礎は、この時期に築かれたものです。
第3の創業は2002年。業界に先駆けて相互会社から株式会社へ組織変更を行いまし
た。

大同生命の118年は、時代の変化にあわせて前例のないことにチャレンジしてきた歴史です。

第4の創業はすぐ目の前に迫っています。

就業不能・介護リスク(重大疾病・介護状態など)に備える商品の開発や、中小企業を支援する各種サービスの開発・提供、海外への事業展開…

日々の挑戦が大きな挑戦に繋がる。
私たちは、日本を支える“中小企業”を支えるという強い信念と、受け継がれてきた
挑戦のDNAのもと、「第4の創業を創るのは自分たちだ」という気持ちで社員一丸と
なって業務に邁進しています。

会社データ

本社所在地
〒103-6031 東京都東京都中央区日本橋2−7−1
代表者
代表取締役社長  北原 睦朗
本社所在地2
〒550-0002 大阪府西区江戸堀1−2−1
設立年月日
1947年7月14日
沿革
1902年 7月
「加島屋」が主体となって、朝日生命(旧社名真宗生命:1895年設立)、護国生命(1896年設立)、北海生命(1898年設立)の3社が合併、<加入者本位・堅実経営>を創業の精神として、大同生命保険株式会社を創業。社名は、「小異を捨てて大同につく」に由来。

1909年 1月
本社を大阪市西区江戸堀に移転。

1925年 6月
本社を大阪市西区土佐堀通1丁目1番地(現大阪本社所在地)に移転。

1947年 7月
大同生命保険相互会社として再発足。

1970年 6月
中国税理士協同組合における総合事業保障プランの取扱を開始。
以降、各地の税理士協同組合で同プランの取扱を開始。

1971年 4月
AIU(株)(現AIG損害保険(株))と業務提携。

1971年 6月
法人会の経営者大型総合保障制度の取扱を開始。※

1971年 11月
納税協会の経営者大型総合保障制度の取扱を開始。※
※業界に先駆けて生損保セット商品、最高保障額1億円を実現。

1972年 10月
本社を大阪府吹田市江坂町1丁目23番101号に移転。

1973年 11月
日本システム収納(株)を設立。
生命保険業界最大規模の保険料収納ネットワークを構築。

1974年 5月
(財)大同生命厚生事業団(現(公財)大同生命厚生事業団)を設立。

1974年 7月
TKC全国会と業務提携。

1976年 3月
TKC企業防衛制度の取扱を開始。

1985年 3月
(財)大同生命国際文化基金(現(公財)大同生命国際文化基金)を設立。

1986年 3月
大同生命投資顧問(株)を設立。

1992年 11月
第1回全国知的障害者スポーツ大会「ゆうあいピック東京大会」に特別協賛、以降毎年協賛。(2001年以降は「全国身体障害者スポーツ大会」と統合した「全国障害者スポーツ大会」に特別協賛)

1993年 10月
大阪本社を大阪市西区江戸堀1丁目2番1号に移転。

1996年 7月
基金の総額を350億円に増額。

1999年 1月
太陽生命保険(相)(現太陽生命保険(株))との全面的業務提携を発表。
(同年6月、グループ名称を「T&D保険グループ」に決定)

1999年 10月
大同生命投資顧問(株)と太陽ライフガンマ投資顧問(株)を合併。商号をT&D太陽大同投資顧問(株)(現T&Dアセットマネジメント(株))に変更。

2001年 10月
システム業務を太陽情報産業(株)(T&D情報システム(株)に商号変更)に移管し、太陽生命保険(相)(現太陽生命保険(株))とシステム部門を統合。

2001年 10月
東京生命保険(相)を関連会社化。商号をT&Dフィナンシャル生命保険(株)に変更。

2002年 4月
相互会社から株式会社に組織変更。(資本金750億円)
東京証券取引所市場第一部および大阪証券取引所(現 大阪取引所)市場第一部に上場。

2002年 7月
大同ライフ投信(株)とT&D太陽大同投資顧問(株)を合併。商号をT&Dアセットマネジメント(株)に変更。

2002年 7月
創業100周年。「中小企業との共生」、「社会・地域との共生」という基本方針に基づき、記念事業を展開。

2002年 8月
大同生命リース(株)のリース事業を太陽生命リース(株)に統合。商号をT&D太陽大同リース(株)(現T&Dリース(株))に変更。

2004年 3月
東京証券取引所および大阪証券取引所(現 大阪取引所)の株式の上場を廃止。

2004年 4月
(株)T&Dホールディングスを設立し、大同生命保険(株)、太陽生命保険(株)およびT&Dフィナンシャル生命保険(株)を子会社とする経営統合を実施。設立と同時に、(株)T&Dホールディングスは、東京証券取引所市場第一部および大阪証券取引所(当時)市場第一部に株式を上場。

2004年 4月
大同生命カスタマーサービス(株)と、太陽生命オフィスサポート(株)を合併。商号をT&Dカスタマーサービス(株)に変更。

2004年 12月
「2004年度(第4回)ポーター賞」を受賞。

2006年 7月
東京本社を東京都港区海岸1丁目2番3号に移転。
当社、(株)T&Dホールディングス、太陽生命保険(株)およびT&Dフィナンシャル生命保険(株)の本社部門等を集約。

2007年 3月
T&Dアセットマネジメント(株)の株式を(株)T&Dホールディングスに譲渡。
(株)T&Dホールディングスが直接子会社化。

2009年 3月
(株)T&Dホールディングスの100%出資により、700億円の資本増強を実施。
(資本金1,100億円、資本準備金350億円)

2011年 4月
AIU保険会社(現AIG損害保険(株))の代理店業務を開始。同時に、AIU保険会社も当社の代理店業務を開始。

2013年 9月
アメリカンファミリー生命保険(現アフラック)と、法人会の会員向け「福利厚生制度」におけるがん保険の販売に関し業務提携。(12月より、アフラックの代理店としてがん保険を販売開始。)

2013年 12月
ドイツの上場保険グループ「ニュルンベルガー社」へ出資するとともに、同社と協働協定を締結。

2015年 3月
当社の営業職員組織で太陽生命のこども保険「わくわくポッケ」を、太陽生命の営業職員組織で当社の定期保険「Lタイプ」を取扱う、商品の相互供給・販売「クロスセル」を開始。

2015年 12月
東京本社を東京都中央区日本橋2丁目7番1号に移転。

2016年 9月
人々の健康で豊かな社会づくりへの貢献を目的に、CYBERDYNE(株)と業務提携契約を締結。

2018年 6月
豪州の生命保険グループ「インテグリティ社」へ出資するとともに、同社と協働協定を締結。

2018年 10月
相続・事業承継分野および中小企業の経営課題解決支援において、りそな銀行と業務提携を開始。

2020年 3月
りそなグループの埼玉りそな銀行、関西みらいフィナンシャルグループの関西みらい銀行およびみなと銀行と、相続・事業承継分野における業務提携を開始。
資本金
1,100億円
保険料等収入
8,280億円
従業員数
6846名(2020年3月現在)
事業所
本社 /東京・大阪
支社等/全国主要都市(102拠点・2020年6月末)
関連会社
(株)大同マネジメントサービス、T&Dコンファーム(株)、エー・アイ・キャピタル(株)、T&Dカスタマーサービス(株)、(株)全国ビジネスセンター、日本システム収納(株)、T&D情報システム(株) (2020年3月末現在)
公益法人
(財)大同生命厚生事業団
(財)大同生命国際文化基金
(2020年3月末現在)
最終更新日時:2021/06/01 11:32

ブンナビのツイッター



ページトップへ

ブックマークしました。

ブックマークを解除しました。