【重要】新型コロナウィルスに関する弊社イベントでの感染予防対策について

企業研究に役立つ情報満載8,239

ベストマッチモード★採用実績校や大学別人気ランキングで企業を発見!

ブンナビDATA活用術

●CSR-DATA編

[Training14]「女性管理職比率」は女性が輝いている証拠だ!女子は注目!

平均値は10.6%、世界平均は30%

「せっかく働くなら輝ける職場に行きたい!」こう思う女性は多いと思うわ。
今までも、「女性社会進出・積極活用」については話題になっていたけど、政府がはっきり方針を出したことで、ますます企業の取り組みも活発になるの。

「女性が活躍できる職場です」このセリフ、これからたくさん聞くことになるわ。でも、企業の風土や仕組みはそんなに急には変わらない。「実際の所」はやっぱり数字を見るしかないの。

ブンナビでは、「女性が輝いている職場」に関する数字「女性管理職比率」を掲載しているわ。

ところで、この平均値をご存知かしら?実は、日本の「女性管理職」は先進国の中では圧倒的に少ないの。

世界の平均値は30%代という中で、日本の平均は10.6%、先進国でも最低の水準なの。 女性“役員”の比率になると、なんと1.1%(45ヵ国中44位・先進国平均11.8%)。まさにこれからという所ね。

「指導的地位の女性割合を30%程度に」という政府の方針に合わせて、民間企業も「女性管理職の登用」を続々宣言しているわ!これからに期待よ!

男性も必見!女性管理職が多いとどうなる?

実は、女性を積極的に活用するということは、企業にもメリットがあることなの。

経済産業省の調査では、「女性社員比率が高い企業は利益率が高い」という結果も出ているのよ。
「じゃぁ、女性ばっかり採用しなさいよ!」と思うかもしれないけど、本当の理由は別の所にあるの。

女性社員や管理職比率が高い企業は、社内の制度や評価基準もしっかり整っている傾向があるわ。
特に評価の部分は大切で、「従業員の能力と成果をしっかり見ていこう」という姿勢が、結果的に業績や利益率に貢献しているという結果になっているの。

だって、女性は出産を機に「育休・産休・時短勤務」などで、働きたくてもオフィスに長く居られないでしょ?
それなのに、出世や配属に関して、「やっぱり遅くまで頑張って残業した人(男性)が偉いよな」という基準で決められていたら、女性はやってられないというわけ。

男女問わず、「成果や能力に応じて昇進される仕組み」、これこそが、企業の利益率を高めているのよ。
そんなしくみ、当たり前でしょ!と思うかもしれないけど、実はこの当たり前が、まだまだ整っていない企業も多いのが実態なの。

これからは、女性もバリバリ出世する時代よ!
世の男性も年収も下がってきてるみたいだし、自分の人生は自分で切り開かなきゃ!

POINT
  • 平均値は10%、世界から見るとまだまだ低い!
  • 国の政策の後押しで企業の女性活用も積極的に!
  • 女性が活躍する会社=利益率が良い=正しい評価基準がある会社!
ブンナビピンク

就職戦士ブンナビ!

採用担当者の本音がわかる!
インターネットラジオ

インターネットラジオを聴く

\ 11月から放送時間変更 /
毎週水曜 19:40〜19:50 OA
文化放送 AMラジオ1134kHz

オススメ条件検索

色々な視点から
企業を検索してみよう

ブンナビのツイッター



ページトップへ