【重要】新型コロナウィルスに関する弊社イベントでの感染予防対策について

企業研究に役立つ情報満載8,239

ベストマッチモード★採用実績校や大学別人気ランキングで企業を発見!

会社情報

株式会社大和総研

  • [シンクタンク・調査]
  • [情報処理]
  • [専門コンサルタント]
  • 正社員
東洋経済・DATA特色
大和証券G本社の特定子会社。経済・金融等のリサーチ,コンサル,システム開発・データセンターサービス展開。

■ビジネスの概要

事業内容
(1)システム:システムコンサルティング、システムの設計・構築および運用に至るトータルソリューション
(2)リサーチ:経済、社会、金融資本市場などに関する調査・分析および政策提言活動
(3)コンサルティング:経営・事業戦略、M&Aやアジア進出等に関するコンサルティング
ビジネスの展望・ビジョン
大和総研は、“新たな価値を提案するプロフェッショナル集団”であり続けたいと考えています。新たな価値とはすなわち、「Creation;創出」と「Innovation;革新」であり、この2つの価値の提供こそが我々最大のミッションであり大和総研のキーワードです。このミッションを実現すべく、システム、リサーチ、コンサルティング各分野のプロフェッショナル達が、それぞれの専門性を深めるとともに、真にお客様の価値を高めるソリューションの提供という目的の下に協働し、日々考え、その実現に向けて取り組んでいます。

単に企業規模の拡大を目指したものではなく、
単に企業利益の拡大のみを追求したものではなく、
社会に対して絶え間なく最高のCreationとInnovationを提案し続ける企業を目指します。

そのために
情熱とチャレンジ精神に溢れる最高のプロフェッショナルが、
 最高のソリューションを、
  最高の品質で、
    最高なタイミングで、提供し続けます。

 大和総研では、最高のプロフェッショナル達が、最高のサービスを提供することでお客様のビジネスを高度化し、企業価値を最大化させ、さらに新たなCreationとInnovationを生み出すことにつながると考えています。
また、それが、大和総研が社会に対して貢献できる手段であると信じています。
妥協することなく、常に最高であり続けることは、並み大抵なことではありません。
大和総研では、サービスの提供を支える事業基盤の整備から、厳格な品質管理体制、人材の育成など、常に最高であることを目指し、緻密な取り組みを継続して展開しています。

また、過去数々のチャレンジを続けてきた企業風土は脈々と受け継がれています。
若手、中堅、ベテランの境界無くチャレンジを評価する。そんな土壌が大和総研にはあります。

“新たな価値を提案するプロフェッショナル集団”として
CreationとInnovationの担い手であること
最高であること、そうあり続けること
大和総研は、これからもチャレンジを続けます。
企業理念
「信頼の構築」「人材の重視」「社会への貢献」「健全な利益の確保」
社風
「教えられる」より「自ら学ぶ」のが、大和総研流!
大和総研には、若手社員に責任のある仕事を任せ、それを周りがサポートする、そんな風土があります。
これは、経験を積ませることで、多くを学び成長してもらうことを目的としています。
また、個々の社員も「教えられる」より「自ら学ぶ」姿勢を強く持ち、積極的にチャレンジし、自己研鑽に取り組んでいます。
このような社風の中で、社員一人ひとりの能力を育くむことが、世の中にトップクラスのソリューションを生み出す原動力になっています。

ココに注目

【仕事内容】先端技術の研究と応用に向けた取り組み
「Fintech」というキーワードが注目される中、当社ではAIを活用した様々な研究を行っております。
AIを用いて選定した株式銘柄情報の提供、地域社会発展のための地域別景況感指標の公開など、具体的な施策も実現しています。
「システム」、「リサーチ」、「コンサルティング」の領域が協業し、データサイエンス・AIを最大限に活用することで金融資本市場に付加価値の高いサービスを生み出せる時代が訪れています。

【社風】入社後大きく成長しそうな、あなたの可能性を見ていきたい
面接では現時点で身に付けているデータ分析スキルなど、これまで学んできた専門性はもちろんのこと、今までどのようなことを目標にチャレンジしてきたか、その過程における行動から読み取れる論理的思考力も重視しています。皆さんの可能性は無限大です。その可能性を、当社に向けて表現してください。皆さんとのコミュニケーションを通じて、当社に入ってどれだけ成長し、活躍して頂けるかという考えのもと選考をしていきます。

【社風】ダイバーシティ経営を推進
多様な人材を活用するため、女性のキャリア促進やワーク・ライフ・バランス推進、健康管理を実践しています。大和証券グループとしては、経済産業省と東京証券取引所により、「なでしこ銘柄」や「健康経営銘柄」に6年連続で選ばれています。大和総研としても、次世代の育成支援に積極的に取り組む企業として「プラチナくるみん」を取得しています。在宅勤務や短時間勤務制度などを活用し、働き続けられる環境を整えています。

会社データ

本社所在地
〒135-8460 東京都江東区冬木15−6
代表者
代表取締役社長 中川 雅久
本社所在地2
〒103-0015 東京都江東区永代1-14-5
設立年月日
1975年8月1日
沿革
1952年 大和証券 調査部(リサーチ部門の前身) 発足
      大和証券 機械計算部(システム部門の前身) 発足
1975年 大和コンピューターサービス(DCC) 設立
1982年 大和証券経済研究所(DSRI) 設立
1983年 大和システムサービス(DSS) 設立
1989年 大和総研(DIR) 設立(DSRI、DCC、DSSが合併)
1991年 DIRシステムマネジメント(DSM) 設立
1996年 エーシーテック(2004年DIRシステムテクノロジーに社名変更) 設立
2008年 大和総研を大和総研ホールディングス、大和総研、大和総研ビジネス・イノベーションの三社に分社
2009年 ニューヨーク、ロンドンリサーチセンター 設置
2011年 DIRインフォメーションシステムズ 設立(DIRシステムテクノロジー、DIRシステムマネジメントが合併)
ファイテックフォース 設立(2013年大和総研ビジネス・イノベーションに合併)
      訊和創新有限公司(北京) 設立
2013年 DIR-ACE Technology Ltd.(ミャンマー) 設立
2014年 DMS Ltd.(ミャンマー) 設立
2021年 大和総研ホールディングス、大和総研、大和総研ビジネス・イノベーションの3社を大和総研に統合
資本金
38億9,800万円
売上高
88億9,200万円
従業員数
1857名(2020年3月現在)
事業所
東京、大阪、名古屋
海外拠点
ニューヨーク、ロンドン、ヤンゴン
関連会社
株式会社大和証券グループ本社/大和証券株式会社/DIRインフォメーションシステムズ/DIR-ACE Technology Ltd./DMS Ltd.
社名変更
組織再編により、2021年4月に株式会社大和総研へ商号変更
最終更新日時:2021/04/06 18:14

就職戦士ブンナビ!

採用担当者の本音がわかる!
インターネットラジオ

インターネットラジオを聴く

\ 11月から放送時間変更 /
毎週水曜 19:40〜19:50 OA
文化放送 AMラジオ1134kHz

オススメ条件検索

色々な視点から
企業を検索してみよう

ブンナビのツイッター



ページトップへ

ブックマークしました。

ブックマークを解除しました。