【重要】新型コロナウィルスに関する弊社イベントでの感染予防対策について

企業研究に役立つ情報満載7,920

ベストマッチモード★採用実績校や大学別人気ランキングで企業を発見!

企業情報

大日本印刷株式会社

  • [印刷]
  • 正社員
今週のキーワード
未来のあたりまえをつくる。
「未来のあたりまえ」とは、社会の課題を解決する製品やサービスを生み出し、私たちの身近に、なくてはならない存在になることです。「どんな未来にしたいか」というビジョンを描き、あらゆるパートナーとともに「あたりまえ」に変えていける、そんな新しい仲間を待っています。
東洋経済・DATA特色
印刷業界2強。印刷技術を応用したエレキ事業で液晶、半導体部材生産。電子書籍事業にも注力

対話が活発な職場です。

DNP市谷加賀町ビル

■ビジネスの概要

事業内容
○情報コミュニケーション部門
・出版関連/書籍、雑誌、辞書、年史、教科書、電子書籍など
・マーケティング関連/カタログ、チラシ、パンフレット、カレンダー、POP、キャンペーン、イベント、デジタルサイネージ(電子看板)など
・情報セキュリティ関連/ICカードなど各種カード、証券、通帳、パーソナルDM、電子フォームなど
・イメージングコミュニケーション/プリンターメディア・フォトプリントシステムなど
・出版流通関連/書店での販売とネット通販・電子書籍販売サービスを連携させたハイブリッド型総合書店「honto」、図書館サポート事業など
・その他/データセンター事業、ネットワーク事業、BPO事業など

○生活・産業部門
・包装関連/食品・飲料・菓子・日用品・医療品等の包装材、無菌充填システムなど
・生活空間関連/住宅・家具などの内外装材、立体印刷製品、金属化粧板など
・産業資材関連/太陽電池用部材、リチウムイオン電池用パウチなど

○エレクトロニクス部門
・ディスプレイ関連製品/液晶ディスプレイ用カラーフィルター、高機能光学フィルム、タッチパネルセンサー、有機ELディスプレイ製造用蒸着マスクなど
・電子デバイス/半導体製品用フォトマスク、リードフレーム、MEMS(微小電子機械システム)製品など
ビジネスの展望・
ビジョン
P&Iイノベーションにより、4つの成長領域を軸に事業を拡げていく。

<P&Iイノベーション>
「P&I(Printing & Information)」というDNPの強みを生かし、多くのパートナーとともに、 今までにない新しい価値を創造することを「P&Iイノベーション」と呼んでいます。

<4つの成長領域>
●「知とコミュニケーション」:世界の人々が安全・安心にコミュニケーションの機会を拡大し、知を交換・継承できる未来
●「食とヘルスケア」:世界の人々の生命への不安が解消され、生涯にわたって、安全・安心で質の高い生活を全うできる未来
●「住まいとモビリティ」:世界の人々が暮らし、移動するあらゆる生活空間が安全・安心に保たれている未来
●「環境とエネルギー」:地球環境への負荷を減らし、世界の人々と地球が共生できる持続可能な未来
企業理念
DNPグループは、人と社会をつなぎ、新しい価値を提供する。

DNPグループは:
「人」のニーズをかたちにして「社会」に提供します。
「社会」のニーズをかたちにして「人」に提供します。
製品・サービス・
技術力・開発力
DNPは国内外の顧客企業や生活者に対し、幅広い分野で多様な製品やサービスを提供する世界最大規模の総合印刷会社です。
DNP は144年に及ぶ歩みのなかで、常に変革に挑戦し、新しい製品・サービス、革新的な仕組みを生み出し続けてきました。いまでは「あたりまえ」となったテレビや電子辞書、ICカードなどの誕生にも、DNPの技術やノウハウが大きな役割を担いました。また、食品や日用品の高機能で環境にやさしいパッケージ、建築物や自動車用の内外装材、スマートフォンやタブレット端末用の部材など、身近な多くのものにもDNPの製品やサービスが欠かせません。DNPはどの時代にも「変革への挑戦」を続けてきた総合力を発揮して社会の持続可能な成長につなげていきます。
社風
対話と協働
DNPグループの一人ひとりは、それぞれの分野でプロフェッショナルとなり、社内外で積極的に対話を繰り返し、協働していくことで、今までにない斬新な製品・サービスを生み出します。

会社データ

会社名
大日本印刷株式会社
本社所在地
〒162-8001 東京都新宿区市谷加賀町1−1−1
代表者
代表取締役社長 北島 義斉
設立年月日
1894年1月19日
沿革
-
資本金
1,144億6,400万円
売上高
9,826億9,100万円
従業員数
10757名(2019年3月現在)
事業所
■営業拠点:国内36ヶ所、海外27ヶ所
■製造拠点:国内61ヶ所、海外16ヶ所
(2019年3月現在)
海外拠点
■営業拠点
25都市に27カ所
ソウル(韓国)、上海(中国)、台北・新竹(台湾)、シンガポール(シンガポール)、
ジャカルタ・ブカシ(インドネシア)、バンコク(タイ)、
ホーチミン・ハノイ・ビンズン(ベトナム)、シドニー(オーストラリア)、
ニューヨーク・コンコード・サンノゼ・トーランス・マウントプレザント・
セーレム(アメリカ)、デュッセルドルフ(ドイツ)、ロワシー(フランス)、
カールスルンデ(デンマーク)、アグラテブリアンツァ(イタリア)、
ハーレム(オランダ)、パシルグダン(マレーシア)、モスクワ(ロシア)

■製造拠点(グループ会社含む)
厦門(中国)、新竹(台湾)、ホーチミン・ハノイ・ビンズン(ベトナム)、
ジョホールバル・パシルグダン(マレーシア)、ジャカルタ・カラワン・ブカシ(インドネシア)、カールスルンデ(デンマーク)、
ハーレム(オランダ)、アグラテブリアンツァ(イタリア)、マウントプレザント・コンコード・セーレム(アメリカ)
関連会社
-
主要取引先
-
人材育成
大日本印刷(DNP)は、印刷技術を応用発展させ、さまざまな分野に事業を拡大してきました。
これは、新しい分野を切り開くためにチャレンジしてきた成果です。そのため、人材育成においても、事業戦略の変化に迅速に対応できる能力を伸ばすことがポイントとなります。「自立した個」の育成を掲げ、そのための支援として職種別専門教育、階層別専門教育、自己啓発通信教育、資格取得奨励制度などを充実。通信教育については、修了時に受講料の半額を奨励金として援助しています。一方、業務の必要な知識、スキルやノウハウを身につけるために大きな力を発揮しているのが、当グループ独自の「ネットワークラーニング」です。これはイントラネット内で必要な研修が受けられるもの。受講期間は決まっていますが、その間ならば自分の仕事に合わせ、都合の良いときにアクセスができます。今後も「自立した個」育成のための支援プログラムをさらに充実させていく方針です。
技術について
いまDNPは、「未来のあたりまえをつくる。」ことを目指しています。企業や生活者、社会の課題を解決するだけでなく人々の期待を超える製品やサービスを開発し、それらが私たち一人ひとりの身近に、あたりまえに存在する。そんな未来を一緒につくりましょう!
DNPの社名にもある「印刷」は、紙にインクを定着させるいわゆる「印刷」だけではありません。「印刷技術」の応用範囲は広く、その展開力を強みとして、生活者の暮らしや企業のビジネスプロセスに欠かせない数多くの製品やサービスを生み出してきました。印刷の対象を紙からフィルムや金属、デジタルへと拡げることで、包装、生活空間、エレクトロニクス部材やICT関連ビジネスまで事業を拡げています。
最終更新日時:2020/02/26 19:43

就職戦士ブンナビ!

採用担当者の本音がわかる!
インターネットラジオ

インターネットラジオを聴く

毎週土曜 18:45〜19:00 OA
文化放送 AMラジオ1134kHz



ブンナビのツイッター



ページトップへ

ブックマークしました。

ブックマークを解除しました。