企業研究に役立つ情報満載7,890

ベストマッチモード★採用実績校や大学別人気ランキングで企業を発見!

≪読売新聞≫就活ON!

読売新聞が毎週火曜日に掲載している「就活ON!」は、就活のお役立ち情報が満載。ぜひ紙面を手に取ってみてください。
ご購読の手続きはこちらから可能です。また、月1回の拡大版「就活ON!SPECIAL」は、全国の大学・短大の就職窓口などで無料配布しています。

※記事の情報は全て掲載日現在のものです。

19/08/06 UP

【業界の常識】船の運航や投資開発も / 日本郵船(スペシャル8月号)

日本郵船 棚本浩介さん 32

 海外で働きたくて当社を選び、1年目でベルギーに赴任しました。ドイツ人の上司の下、穀物や鉄鉱石などを運ぶ船の運航を管理しました。入社数年で億単位の契約を扱うのは、海運会社ならではの面白さです。

 今は海底油田開発などの海洋事業を担当しています。船の運航と同様、安全第一が厳しく求められる分野です。洋上施設から石油を運ぶタンカーや掘削船の会社の管理のほか、投資先となる海外企業を探すための市場調査や交渉も手がけます。

 社内では待ち時間のことを「潮待ち」と呼ぶなど、海運業独特の言葉が飛び交います。会社の方針で数年おきに部署が変わるので、大半の人が顔見知りに。判断に迷ったら自分で抱え込まず、周りに聞くようにしています。 (聞き手・青木佐知子)

海運業界のいま

 海運市況は船の供給過剰などで低迷していたが、持ち直しつつある。日本郵船や商船三井など国内大手3社は2017年、コンテナ船事業を統合し、競争力強化を図っている。

上智大経済学部卒。事務系の陸上職として2010年に入社。ベルギーの子会社や本社の営業部門を経て、17年から海洋事業を担当する。


業界の常識(日本郵船)

無断転載禁止

「就活ON! SPECIAL」は、読売新聞が全国の大学・短大に無料配布しています。就職窓口の方は、以下のアドレスにお問い合わせください。

shu-on@yomiuri.com
  • twitter
  • facebook

  

 ブンナビのツイッター


ページトップへ