企業研究に役立つ情報満載 7,929

ベストマッチモード★採用実績校や大学別人気ランキングで企業を発見!

人気企業に直撃インタビュー

社員の意欲や成長を制度面からバックアップ
長期的なキャリアプランを築ける体制が整っています

「マルチベンダー」「技術力」「サポート体制」という3つの強みを活かし、お客様に幅広い選択肢の中から最適解を提供している伊藤忠テクノソリューションズ(略称:CTC)。社員の働きがいの向上に資する人事制度の拡充や、多様な働き方を支える「働き方変革」の推進を通した「魅力ある会社づくり」への取り組みを挙げ、「2019年入社希望者 就職ブランドランキング調査」ではランクアップを果たしている。
今回は、入社10年目の中ゆかり氏に、自身の歩んできたキャリアを通して同社の「強み・魅力」「キャリアステップ」「仕事のやりがい」について語っていただいた。

幅広い顧客や商材に対応できるのがCTCの強み
多様な職種の人たちが、専門性を発揮して活躍

現在、人事部で「テレワーク」や「服装の選択肢の拡大」の検討・実施に取り組んでいる中ゆかりさん。文系出身だが、将来性を感じたIT業界を中心に就職活動を行い、幅広い顧客や商材を扱うSIerである点に惹かれて、CTCに入社を決めた。「入社当初は、IT企業=パソコンに向かって仕事をする会社。というイメージを持っていましたが、入社して良い意味で驚きました。

CTCの仕事はチームで行っていきます。お客様との打ち合わせも多いので、エンジニアはパソコンに向かっているだけではありませんし、営業もお客様先へ出向くだけではありません。社員は文系、理系問わず多くの先輩方が様々な分野・方法で活躍されていて、私のイメージとはまったく違っていました。多種多様なベンダーの製品を組み合わせて、お客様に最適なシステムをお届けする「エンジニア職」や、正しい製品知識のもと、お客様へ最適なプランを提供する「営業職」、そして私のように経営基盤の強化や経営戦略の企画・立案など、会社全体のオペレーションを担う「スタッフ職」として仕事をしている社員が、コミュニケーションを取りながら職種や組織の壁を越え、チームで仕事をしている。それがCTCの特長であり魅力だと思います。
ビジネスの面では、CTCは特定の製品に縛られない「マルチベンダー」として、流通や製造、情報通信、広域や金融など、幅広いお客様に対応しトータルソリューションを提供できることが強みだと感じました。お客様が抱える様々な課題に対し、最適解を導き出すためのコンサルティング、その「解」を形にするシステムインテグレーション、そしてその後のシステムサポートまでをトータルに提供し、お客様の企業価値向上に貢献しています。」

キャリア形成支援制度を通じて
自分の目標や進みたい道が明確になった

中さんが入社当初に配属されたのは、業務部(注1)。営業と連携して営業取引審査業務を行いながら、2013年からは4年ほどかけて営業・審査部門で社内処理に使われていた紙書類の削減(ペーパーレスプロジェクト)に取り組み、社内処理に関わる紙の削減に成功した。
「ペーパーレス化の経験を通じて、一部署だけでなく、全社的な環境改善、さらには働き方の改革に挑戦してみたいと思うようになり、人事部への異動を希望しました。18年5月からは、人事部でさまざまな働き方変革の施策に取り組んでいます。」
中さんが「全社に向けた取り組みの中で活躍したい」という明確なキャリアプランを持つことができたのは、CTCの「キャリア形成支援制度」の存在が大きいと話す。CTCでは年に一度以上、上司との面談を通して直近の仕事の状況や成果、過去のキャリアの振り返り、「5年後のありたい自分のために、2、3年後はどんな勉強し、キャリアを積むべきか」を考える場を設けている。これにより、上司と部下が目標や課題を共有し、長期的なキャリア形成を可能にしている。
また、CTCでは複線型人事複制度を導入し、多様なキャリアパスを用意。将来「管理者・マネジメント職」と「スペシャリスト・上級職」のどちらを目指すのか、長期的なキャリアプランを視野に入れながらキャリア形成していく制度を整備している。
(注1:現・CTCビジネスエキスパート)

服装の選択肢を増やす取り組みに挑戦中
年齢や性別を問わず社員の「やりたい!」を応援

CTCでは、これまで朝型勤務やスライドワーク、時間単位有給など、“働く時間”の自由度を高める施策に加え、在宅勤務制度の拡充やモバイルワーク、タッチダウンオフィスの導入により、“働く場所”を選べる環境を整備してきた。現在、中さんが人事部で取り組んでいる働き方変革の施策のひとつが「服装の選択肢の拡大」だ。
CTCは流通や製造、情報通信、広域や金融など、顧客が多岐にわたるため、部署や職種によっては『スーツが望ましい』というケースもあるものの、社員一人ひとりが自分の働き方やその日の予定に合った服装の選択肢を広げることで、柔軟な発想力や表現力につなげたいというのが、今回の導入の狙いだ。
「エンジニアや営業など、さまざまな職種や部署の方たちに意見を伺いガイドラインを策定。18年7月から2カ月ほどのトライアル期間を経て行った、アンケートの結果をもとに10月から本格導入が始まりました。このスピード感は、IT企業ならではだと思います。ジーンズやスニーカーなど、どのようなものがビジネスに適しているのか、人によって解釈が分かれるところなので、服装のガイドライン作りに最も苦労しました。CTCとして望ましいと考える服装を、社員が実際に着用し、撮影。それをガイドラインとして全社へ通知しています。」
ペーパーレス化や服装の選択肢拡大など、担当業務を通してプロセスがいかに重要であるかを感じ、施策を実行する際にはその背景を相手にしっかりと説明することが、施策推進に向けた近道であることを学んだ中さん。合否や勝敗など、結果に目が向きがちだった学生生活とは一変し、CTCでの業務を通して自己成長を感じている。
「キャリアを積みながら、一人の人間として成長してきたことを実感します。CTCは、仕事やキャリアプランにおいて、年齢や性別を問わず、社員の夢の実現を応援・サポートしてくれる会社。これからも、CTCの社員たちが働きがいのある働き方を自由に選択できる制度を拡充させていきたいと思っています。」

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(CTC)
人事総務室 人事部 労務課
中 ゆかり 氏
TOPへ

就職戦士ブンナビ!

採用担当者の本音がわかる!
インターネットラジオ

インターネットラジオを聴く

\ 4月から放送時間変更 /
毎週月曜18:45〜19:00 OA
文化放送 AMラジオ1134kHz

ブンナビのツイッター



ページトップへ