企業研究に役立つ情報満載8,178

ベストマッチモード★採用実績校や大学別人気ランキングで企業を発見!

就活ラボラトリー

  • 10月
  • 11月
  • 12月
  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 10月のテーマ:【玉石混交】インターンシップの選び方

    インターンシップの選び方に“正解”はあるの?

    就活応援企業からのアドバイス

    毎月のテーマについて、人気企業の採用担当者がズバリ直言!
    採用の視点から皆さんにアドバイスしていきます。

    日本生命保険相互会社
    人材開発部 黒澤 悠氏

    インターン参加の目的を持とう!

    インターンシップに参加することで、自分が「何を得たいのか」、「何を学びたいのか」、このような動機から目的を設定し、目的を達成できるインターンシップに参加することが大事だと思います。
    また、企業選びの際には、業界にこだわりすぎないようにするのもポイントだと思います。
    インターンシップから業界を狭めすぎると自分の可能性を狭めることにもつながります。
    関心のある業界や職種をいくつか決め、幅広く参加するのが良いと思います。

    より広い視野で、自分の将来や可能性について考える

    どうしても身の回りの製品やサービスを提供している会社に目を向けがちです。折角の機会ですから、自分の興味のある業界だけではなく、知らない業界にも積極的に参加してみてください。その結果、関連業界との繋がりや、ビジネス全体の仕組みを理解することができます。業界を狭めすぎず、より広い視野で、自分の将来や可能性について考える機会としてください。また、インターンシップを通して、自分が「何を得たいのか」、「何を学びたいのか」、目的を設定し、目的を達成できるインターンシップに参加することが大切だと思います。

  • 11月のテーマ:【身になる経験を】インターンシップに参加する際の心構え

    インターンシップはひたすら楽しもう!

    就活応援企業からのアドバイス

    毎月のテーマについて、人気企業の採用担当者がズバリ直言!
    採用の視点から皆さんにアドバイスしていきます。

    Sky株式会社
    リクルーティンググループ 鈴木 智景氏

    インターンシップと言えど、その会社の一員になる気持ちで!

    インターンシップは職業観涵養だけでなく、参加した企業がどの様な社風なのかや、どんな社員の方がいるのかが良く分かる機会となります。
    ある程度業界や職種を絞って受けられる際には、「いち学生」としてではなく、是非「その会社の一員になる」という気持ちを持って取り組んでいただきたいです。
    この時期に゛社員体験”をする事で、より企業理解を深め、これから始まっていく就職活動に向けて備えていただければと思います。

    日本生命保険相互会社
    人材開発部 黒澤 悠氏

    色んなことに興味を持つ、疑問を残さない!

    インターンシップでは業界・業務を理解して欲しいだけではなく、働く人についてもしっかりと見て欲しいと思います。
    もちろん、主体的にインターンシップの内容に取り組むということが大前提になりますが、インターンシップに参加することが決まったら、自分が知りたいこと聞きたいことをリストアップし、疑問点などが残らないように取り組んで欲しいと思います。社員の人には仕事やキャリアの話だけでなく答えてもらえる範囲で様々な質問をして、その会社で働く人がどのような人なのか、しっかり理解して欲しいと思います。

    社会人としての働き方を体感する

    インターンは、普段の学生生活では知り合うことのできない人と出会える貴重な機会です。高い志を持つ仲間から刺激を受け、当社の社員になったつもりで学んでいただきたいと考えています。また、与えられた業務に対しての質を追求するだけでなく、限られた時間の中で生産性を意識して業務遂行することも是非体感してください。より有意義に過ごしていただくには、社員との交流の場を設けている企業も多いので、事前に企業HP等を確認の上、知りたいこと・疑問に思っていることをまとめ、直接質問されることをお勧めします。

  • 12月のテーマ:【不安解消】年内の過ごし方・心構え

    就活を全力で走り切る準備を!内定までの道のりをイメージしよう。

    就活応援企業からのアドバイス

    毎月のテーマについて、人気企業の採用担当者がズバリ直言!
    採用の視点から皆さんにアドバイスしていきます。

    就活の「全体の流れ」をとらえよう

    最近はニュースでも話題になっていますが、3月広報解禁、6月選考開始の現在の就職活動スケジュールでは、実際には2月以前にインターンシップを開催する企業が多く、選考も6月以前に水面下で行われていることがほとんどで、3月の広報解禁後に企業探しをしていては遅いです。この時期は冬のインターンシップを開催している企業も多いので、まずは極力たくさんの企業、業界を問わずにインターンシップに参加し、どういった企業が世の中にあるのかを知る準備を始めてください。3月の広報解禁までに、どれだけたくさんの企業を知れるかが、就活を失敗しないポイントです。

    日本生命保険相互会社
    人材開発部 黒澤 悠氏

    まずは身の回りの準備から!

    就職活動が本格化する前に、就職活動に向けた身の回りの準備をしましょう。具体的には、スーツや靴・鞄です。就職活動に際しては、第一印象が非常に大切ですので、サイズやデザイン等、シーンに合った物を選びましょう。また、意外と大切なのが「靴」です。就職活動中は、一日に複数の企業を訪問したり、合同説明会では立ったまま説明を聞いたりと足への負担が大きくなります。今の内に、自分に合った靴を見つけることをおすすめします。また、日々磨き、綺麗に保つ工夫もしましょう。

    ソニー生命保険株式会社
    人材開発部 人材開発課 宮原 みさ希氏

    家族と話し、友人と話し、落ち着いて考えてみる

    就職活動は誰しもが初めてで、年末年始の様に時間があると、ついつい変な方向に考え過ぎたりしがちです。大切なのは、自分が将来どうなっていたいか、どうなるか、を沢山想像してみることです。そして分からないことがあれば、家族や友人と自然体で話してみることだと思います。自分の家族は将来どうなっているのか、家族みんなでどうなっていたら幸せでしょうか。
    そしたら、自分はどうすればいいかが見えてくると思います。ありのままの自分で家族と過ごすことを通じ、大切な事を思い出す年の瀬になればと思います。

    今までの自分をふりかえる

    就職活動が本格化すると、ゆっくりと自分をふりかえる時間がなくなってきます。まずは今までの人生をふりかえり、節目節目で大切にしてきたことをまとめるといいでしょう。自分自身で考えるのももちろんですが、家族に尋ねたり、友人同士でお互いどう見ているかを話しあってみるのもいいと思います。また、実際に社会人として働いている人と話し、生の情報を得ることもいいと思います。自分自身を客観的に見つめなおすことが、次のステップである自己分析につながっていきます。

    Sky株式会社
    リクルーティンググループ 鈴木 智景氏

    将来への準備期間!"挑戦"することが重要なカギに

    本格的に就活は始まっていないものの、何から手を付けたらいいのか分からない。この時期は是非"いろんなことに挑戦してみる"ことをお勧めします!まずお勧めは、インターンシップへの参加です。社会人として働くイメージを掴むことはもちろん、企業のビジネスの成り立ちや事業を体感できる貴重な機会だと思います。また、興味のある業界だけでなく様々な業界のインターンシップにも参加してみることで、新たな気付きを得られるかもしれません。漠然としたイメージだけで3月を迎えてしまわないためにも、積極的に参加してみてください。

    SMBC日興証券株式会社
    人事部 採用課 荻野 奈緒氏

    「面接のため」ではない自己分析を

    就職活動で大切なことは、自らの将来をしっかりと考え、悔いの残らない就職活動ができるかです。年が明け、選考が始まると、「面接のため」の準備に多くの時間が割かれます。選考時期に自己分析が曖昧で軸がない方は、面接でのテクニックに走りがちです。ですので、年内の過ごし方・心構えとしては、選考が本格化し多忙になる前に、「面接のため」を意識しない自己分析をじっくりと行うことが大切だと思います。早期から就職活動を始めて、志望業界や企業が固まっている方も、改めてゼロベースで自己分析を行ってみて下さい。

    様々な経験をし、人の話を聞き、たくさん情報を得る

    この時期は色々な人の話を聞いて、自分自身も様々な経験をして沢山情報を得ることが大事です。インターンシップへの参加や興味のある資格の取得など。インターンシップにもたくさん参加されている方も多いと思いますが、頭で難しく考える前に興味のあるもの、気になるものに飛び込んでみてください。また先輩や先生等周りにいる社会人の方に、仕事の内容や、仕事に対する思いについて話を聞いておくと、具体的に考えやすくなると思います。思い詰めず、色々なことに考えをめぐらせて年越しを迎えてはいかがでしょうか。

    みずほ証券株式会社
    人事部キャリア戦略室 守谷夏子氏

    スケジューリングを制する者は就活を制する

    就職活動は、年が明ければ説明会、エントリーシート提出、選考とあっという間に過ぎていきます。本番になってから準備不足で後悔することのないよう、選考時期から逆算し、今のうちにスケジュールを立てておきましょう。また12月は、クリスマス、忘年会など多くの人と接する時期でもあり、周りの人から自分に対する評価も聞けるチャンスです。自分の客観的な見られ方を把握することは、今後の就職活動においてもスムーズな自己分析につながります。ぜひ積極的に会話の機会を持ち、改めてどんな印象を持たれているのかを聞いてみましょう。

  • 1月のテーマ:

    就活応援企業からのアドバイス

    毎月のテーマについて、人気企業の採用担当者がズバリ直言!
    採用の視点から皆さんにアドバイスしていきます。

    SMBC日興証券株式会社
    人事部 採用課 荻野 奈緒氏

    「面接のため」ではない自己分析を

    就職活動で大切なことは、自らの将来をしっかりと考え、悔いの残らない就職活動ができるかです。年が明け、選考が始まると、「面接のため」の準備に多くの時間が割かれます。選考時期に自己分析が曖昧で軸がない方は、面接でのテクニックに走りがちです。ですので、年内の過ごし方・心構えとしては、選考が本格化し多忙になる前に、「面接のため」を意識しない自己分析をじっくりと行うことが大切だと思います。早期から就職活動を始めて、志望業界や企業が固まっている方も、改めてゼロベースで自己分析を行ってみて下さい。

    みずほ証券株式会社
    人事部キャリア戦略室 守谷夏子氏

    スケジューリングを制する者は就活を制する

    就職活動は、年が明ければ説明会、エントリーシート提出、選考とあっという間に過ぎていきます。本番になってから準備不足で後悔することのないよう、選考時期から逆算し、今のうちにスケジュールを立てておきましょう。また12月は、クリスマス、忘年会など多くの人と接する時期でもあり、周りの人から自分に対する評価も聞けるチャンスです。自分の客観的な見られ方を把握することは、今後の就職活動においてもスムーズな自己分析につながります。ぜひ積極的に会話の機会を持ち、改めてどんな印象を持たれているのかを聞いてみましょう。

    就活の「全体の流れ」をとらえよう

    最近はニュースでも話題になっていますが、3月広報解禁、6月選考開始の現在の就職活動スケジュールでは、実際には2月以前にインターンシップを開催する企業が多く、選考も6月以前に水面下で行われていることがほとんどで、3月の広報解禁後に企業探しをしていては遅いです。この時期は冬のインターンシップを開催している企業も多いので、まずは極力たくさんの企業、業界を問わずにインターンシップに参加し、どういった企業が世の中にあるのかを知る準備を始めてください。3月の広報解禁までに、どれだけたくさんの企業を知れるかが、就活を失敗しないポイントです。

    ソニー生命保険株式会社
    人材開発部 人材開発課 宮原 みさ希氏

    家族と話し、友人と話し、落ち着いて考えてみる

    就職活動は誰しもが初めてで、年末年始の様に時間があると、ついつい変な方向に考え過ぎたりしがちです。大切なのは、自分が将来どうなっていたいか、どうなるか、を沢山想像してみることです。そして分からないことがあれば、家族や友人と自然体で話してみることだと思います。自分の家族は将来どうなっているのか、家族みんなでどうなっていたら幸せでしょうか。
    そしたら、自分はどうすればいいかが見えてくると思います。ありのままの自分で家族と過ごすことを通じ、大切な事を思い出す年の瀬になればと思います。

    様々な経験をし、人の話を聞き、たくさん情報を得る

    この時期は色々な人の話を聞いて、自分自身も様々な経験をして沢山情報を得ることが大事です。インターンシップへの参加や興味のある資格の取得など。インターンシップにもたくさん参加されている方も多いと思いますが、頭で難しく考える前に興味のあるもの、気になるものに飛び込んでみてください。また先輩や先生等周りにいる社会人の方に、仕事の内容や、仕事に対する思いについて話を聞いておくと、具体的に考えやすくなると思います。思い詰めず、色々なことに考えをめぐらせて年越しを迎えてはいかがでしょうか。

    Sky株式会社
    リクルーティンググループ 鈴木 智景氏

    将来への準備期間!"挑戦"することが重要なカギに

    本格的に就活は始まっていないものの、何から手を付けたらいいのか分からない。この時期は是非"いろんなことに挑戦してみる"ことをお勧めします!まずお勧めは、インターンシップへの参加です。社会人として働くイメージを掴むことはもちろん、企業のビジネスの成り立ちや事業を体感できる貴重な機会だと思います。また、興味のある業界だけでなく様々な業界のインターンシップにも参加してみることで、新たな気付きを得られるかもしれません。漠然としたイメージだけで3月を迎えてしまわないためにも、積極的に参加してみてください。

    今までの自分をふりかえる

    就職活動が本格化すると、ゆっくりと自分をふりかえる時間がなくなってきます。まずは今までの人生をふりかえり、節目節目で大切にしてきたことをまとめるといいでしょう。自分自身で考えるのももちろんですが、家族に尋ねたり、友人同士でお互いどう見ているかを話しあってみるのもいいと思います。また、実際に社会人として働いている人と話し、生の情報を得ることもいいと思います。自分自身を客観的に見つめなおすことが、次のステップである自己分析につながっていきます。

    日本生命保険相互会社
    人材開発部 黒澤 悠氏

    まずは身の回りの準備から!

    就職活動が本格化する前に、就職活動に向けた身の回りの準備をしましょう。具体的には、スーツや靴・鞄です。就職活動に際しては、第一印象が非常に大切ですので、サイズやデザイン等、シーンに合った物を選びましょう。また、意外と大切なのが「靴」です。就職活動中は、一日に複数の企業を訪問したり、合同説明会では立ったまま説明を聞いたりと足への負担が大きくなります。今の内に、自分に合った靴を見つけることをおすすめします。また、日々磨き、綺麗に保つ工夫もしましょう。

  • 2月のテーマ:

    就活応援企業からのアドバイス

    毎月のテーマについて、人気企業の採用担当者がズバリ直言!
    採用の視点から皆さんにアドバイスしていきます。

    ソニー生命保険株式会社
    人材開発部 人材開発課 宮原 みさ希氏

    家族と話し、友人と話し、落ち着いて考えてみる

    就職活動は誰しもが初めてで、年末年始の様に時間があると、ついつい変な方向に考え過ぎたりしがちです。大切なのは、自分が将来どうなっていたいか、どうなるか、を沢山想像してみることです。そして分からないことがあれば、家族や友人と自然体で話してみることだと思います。自分の家族は将来どうなっているのか、家族みんなでどうなっていたら幸せでしょうか。
    そしたら、自分はどうすればいいかが見えてくると思います。ありのままの自分で家族と過ごすことを通じ、大切な事を思い出す年の瀬になればと思います。

    Sky株式会社
    リクルーティンググループ 鈴木 智景氏

    将来への準備期間!"挑戦"することが重要なカギに

    本格的に就活は始まっていないものの、何から手を付けたらいいのか分からない。この時期は是非"いろんなことに挑戦してみる"ことをお勧めします!まずお勧めは、インターンシップへの参加です。社会人として働くイメージを掴むことはもちろん、企業のビジネスの成り立ちや事業を体感できる貴重な機会だと思います。また、興味のある業界だけでなく様々な業界のインターンシップにも参加してみることで、新たな気付きを得られるかもしれません。漠然としたイメージだけで3月を迎えてしまわないためにも、積極的に参加してみてください。

    就活の「全体の流れ」をとらえよう

    最近はニュースでも話題になっていますが、3月広報解禁、6月選考開始の現在の就職活動スケジュールでは、実際には2月以前にインターンシップを開催する企業が多く、選考も6月以前に水面下で行われていることがほとんどで、3月の広報解禁後に企業探しをしていては遅いです。この時期は冬のインターンシップを開催している企業も多いので、まずは極力たくさんの企業、業界を問わずにインターンシップに参加し、どういった企業が世の中にあるのかを知る準備を始めてください。3月の広報解禁までに、どれだけたくさんの企業を知れるかが、就活を失敗しないポイントです。

    SMBC日興証券株式会社
    人事部 採用課 荻野 奈緒氏

    「面接のため」ではない自己分析を

    就職活動で大切なことは、自らの将来をしっかりと考え、悔いの残らない就職活動ができるかです。年が明け、選考が始まると、「面接のため」の準備に多くの時間が割かれます。選考時期に自己分析が曖昧で軸がない方は、面接でのテクニックに走りがちです。ですので、年内の過ごし方・心構えとしては、選考が本格化し多忙になる前に、「面接のため」を意識しない自己分析をじっくりと行うことが大切だと思います。早期から就職活動を始めて、志望業界や企業が固まっている方も、改めてゼロベースで自己分析を行ってみて下さい。

    日本生命保険相互会社
    人材開発部 黒澤 悠氏

    まずは身の回りの準備から!

    就職活動が本格化する前に、就職活動に向けた身の回りの準備をしましょう。具体的には、スーツや靴・鞄です。就職活動に際しては、第一印象が非常に大切ですので、サイズやデザイン等、シーンに合った物を選びましょう。また、意外と大切なのが「靴」です。就職活動中は、一日に複数の企業を訪問したり、合同説明会では立ったまま説明を聞いたりと足への負担が大きくなります。今の内に、自分に合った靴を見つけることをおすすめします。また、日々磨き、綺麗に保つ工夫もしましょう。

    様々な経験をし、人の話を聞き、たくさん情報を得る

    この時期は色々な人の話を聞いて、自分自身も様々な経験をして沢山情報を得ることが大事です。インターンシップへの参加や興味のある資格の取得など。インターンシップにもたくさん参加されている方も多いと思いますが、頭で難しく考える前に興味のあるもの、気になるものに飛び込んでみてください。また先輩や先生等周りにいる社会人の方に、仕事の内容や、仕事に対する思いについて話を聞いておくと、具体的に考えやすくなると思います。思い詰めず、色々なことに考えをめぐらせて年越しを迎えてはいかがでしょうか。

    今までの自分をふりかえる

    就職活動が本格化すると、ゆっくりと自分をふりかえる時間がなくなってきます。まずは今までの人生をふりかえり、節目節目で大切にしてきたことをまとめるといいでしょう。自分自身で考えるのももちろんですが、家族に尋ねたり、友人同士でお互いどう見ているかを話しあってみるのもいいと思います。また、実際に社会人として働いている人と話し、生の情報を得ることもいいと思います。自分自身を客観的に見つめなおすことが、次のステップである自己分析につながっていきます。

    みずほ証券株式会社
    人事部キャリア戦略室 守谷夏子氏

    スケジューリングを制する者は就活を制する

    就職活動は、年が明ければ説明会、エントリーシート提出、選考とあっという間に過ぎていきます。本番になってから準備不足で後悔することのないよう、選考時期から逆算し、今のうちにスケジュールを立てておきましょう。また12月は、クリスマス、忘年会など多くの人と接する時期でもあり、周りの人から自分に対する評価も聞けるチャンスです。自分の客観的な見られ方を把握することは、今後の就職活動においてもスムーズな自己分析につながります。ぜひ積極的に会話の機会を持ち、改めてどんな印象を持たれているのかを聞いてみましょう。

  • 3月のテーマ:

    就活応援企業からのアドバイス

    毎月のテーマについて、人気企業の採用担当者がズバリ直言!
    採用の視点から皆さんにアドバイスしていきます。

    就活の「全体の流れ」をとらえよう

    最近はニュースでも話題になっていますが、3月広報解禁、6月選考開始の現在の就職活動スケジュールでは、実際には2月以前にインターンシップを開催する企業が多く、選考も6月以前に水面下で行われていることがほとんどで、3月の広報解禁後に企業探しをしていては遅いです。この時期は冬のインターンシップを開催している企業も多いので、まずは極力たくさんの企業、業界を問わずにインターンシップに参加し、どういった企業が世の中にあるのかを知る準備を始めてください。3月の広報解禁までに、どれだけたくさんの企業を知れるかが、就活を失敗しないポイントです。

    Sky株式会社
    リクルーティンググループ 鈴木 智景氏

    将来への準備期間!"挑戦"することが重要なカギに

    本格的に就活は始まっていないものの、何から手を付けたらいいのか分からない。この時期は是非"いろんなことに挑戦してみる"ことをお勧めします!まずお勧めは、インターンシップへの参加です。社会人として働くイメージを掴むことはもちろん、企業のビジネスの成り立ちや事業を体感できる貴重な機会だと思います。また、興味のある業界だけでなく様々な業界のインターンシップにも参加してみることで、新たな気付きを得られるかもしれません。漠然としたイメージだけで3月を迎えてしまわないためにも、積極的に参加してみてください。

    ソニー生命保険株式会社
    人材開発部 人材開発課 宮原 みさ希氏

    家族と話し、友人と話し、落ち着いて考えてみる

    就職活動は誰しもが初めてで、年末年始の様に時間があると、ついつい変な方向に考え過ぎたりしがちです。大切なのは、自分が将来どうなっていたいか、どうなるか、を沢山想像してみることです。そして分からないことがあれば、家族や友人と自然体で話してみることだと思います。自分の家族は将来どうなっているのか、家族みんなでどうなっていたら幸せでしょうか。
    そしたら、自分はどうすればいいかが見えてくると思います。ありのままの自分で家族と過ごすことを通じ、大切な事を思い出す年の瀬になればと思います。

    様々な経験をし、人の話を聞き、たくさん情報を得る

    この時期は色々な人の話を聞いて、自分自身も様々な経験をして沢山情報を得ることが大事です。インターンシップへの参加や興味のある資格の取得など。インターンシップにもたくさん参加されている方も多いと思いますが、頭で難しく考える前に興味のあるもの、気になるものに飛び込んでみてください。また先輩や先生等周りにいる社会人の方に、仕事の内容や、仕事に対する思いについて話を聞いておくと、具体的に考えやすくなると思います。思い詰めず、色々なことに考えをめぐらせて年越しを迎えてはいかがでしょうか。

    みずほ証券株式会社
    人事部キャリア戦略室 守谷夏子氏

    スケジューリングを制する者は就活を制する

    就職活動は、年が明ければ説明会、エントリーシート提出、選考とあっという間に過ぎていきます。本番になってから準備不足で後悔することのないよう、選考時期から逆算し、今のうちにスケジュールを立てておきましょう。また12月は、クリスマス、忘年会など多くの人と接する時期でもあり、周りの人から自分に対する評価も聞けるチャンスです。自分の客観的な見られ方を把握することは、今後の就職活動においてもスムーズな自己分析につながります。ぜひ積極的に会話の機会を持ち、改めてどんな印象を持たれているのかを聞いてみましょう。

    今までの自分をふりかえる

    就職活動が本格化すると、ゆっくりと自分をふりかえる時間がなくなってきます。まずは今までの人生をふりかえり、節目節目で大切にしてきたことをまとめるといいでしょう。自分自身で考えるのももちろんですが、家族に尋ねたり、友人同士でお互いどう見ているかを話しあってみるのもいいと思います。また、実際に社会人として働いている人と話し、生の情報を得ることもいいと思います。自分自身を客観的に見つめなおすことが、次のステップである自己分析につながっていきます。

    SMBC日興証券株式会社
    人事部 採用課 荻野 奈緒氏

    「面接のため」ではない自己分析を

    就職活動で大切なことは、自らの将来をしっかりと考え、悔いの残らない就職活動ができるかです。年が明け、選考が始まると、「面接のため」の準備に多くの時間が割かれます。選考時期に自己分析が曖昧で軸がない方は、面接でのテクニックに走りがちです。ですので、年内の過ごし方・心構えとしては、選考が本格化し多忙になる前に、「面接のため」を意識しない自己分析をじっくりと行うことが大切だと思います。早期から就職活動を始めて、志望業界や企業が固まっている方も、改めてゼロベースで自己分析を行ってみて下さい。

    日本生命保険相互会社
    人材開発部 黒澤 悠氏

    まずは身の回りの準備から!

    就職活動が本格化する前に、就職活動に向けた身の回りの準備をしましょう。具体的には、スーツや靴・鞄です。就職活動に際しては、第一印象が非常に大切ですので、サイズやデザイン等、シーンに合った物を選びましょう。また、意外と大切なのが「靴」です。就職活動中は、一日に複数の企業を訪問したり、合同説明会では立ったまま説明を聞いたりと足への負担が大きくなります。今の内に、自分に合った靴を見つけることをおすすめします。また、日々磨き、綺麗に保つ工夫もしましょう。

  • 4月のテーマ:

    就活応援企業からのアドバイス

    毎月のテーマについて、人気企業の採用担当者がズバリ直言!
    採用の視点から皆さんにアドバイスしていきます。

    SMBC日興証券株式会社
    人事部 採用課 荻野 奈緒氏

    「面接のため」ではない自己分析を

    就職活動で大切なことは、自らの将来をしっかりと考え、悔いの残らない就職活動ができるかです。年が明け、選考が始まると、「面接のため」の準備に多くの時間が割かれます。選考時期に自己分析が曖昧で軸がない方は、面接でのテクニックに走りがちです。ですので、年内の過ごし方・心構えとしては、選考が本格化し多忙になる前に、「面接のため」を意識しない自己分析をじっくりと行うことが大切だと思います。早期から就職活動を始めて、志望業界や企業が固まっている方も、改めてゼロベースで自己分析を行ってみて下さい。

    みずほ証券株式会社
    人事部キャリア戦略室 守谷夏子氏

    スケジューリングを制する者は就活を制する

    就職活動は、年が明ければ説明会、エントリーシート提出、選考とあっという間に過ぎていきます。本番になってから準備不足で後悔することのないよう、選考時期から逆算し、今のうちにスケジュールを立てておきましょう。また12月は、クリスマス、忘年会など多くの人と接する時期でもあり、周りの人から自分に対する評価も聞けるチャンスです。自分の客観的な見られ方を把握することは、今後の就職活動においてもスムーズな自己分析につながります。ぜひ積極的に会話の機会を持ち、改めてどんな印象を持たれているのかを聞いてみましょう。

    今までの自分をふりかえる

    就職活動が本格化すると、ゆっくりと自分をふりかえる時間がなくなってきます。まずは今までの人生をふりかえり、節目節目で大切にしてきたことをまとめるといいでしょう。自分自身で考えるのももちろんですが、家族に尋ねたり、友人同士でお互いどう見ているかを話しあってみるのもいいと思います。また、実際に社会人として働いている人と話し、生の情報を得ることもいいと思います。自分自身を客観的に見つめなおすことが、次のステップである自己分析につながっていきます。

    日本生命保険相互会社
    人材開発部 黒澤 悠氏

    まずは身の回りの準備から!

    就職活動が本格化する前に、就職活動に向けた身の回りの準備をしましょう。具体的には、スーツや靴・鞄です。就職活動に際しては、第一印象が非常に大切ですので、サイズやデザイン等、シーンに合った物を選びましょう。また、意外と大切なのが「靴」です。就職活動中は、一日に複数の企業を訪問したり、合同説明会では立ったまま説明を聞いたりと足への負担が大きくなります。今の内に、自分に合った靴を見つけることをおすすめします。また、日々磨き、綺麗に保つ工夫もしましょう。

    様々な経験をし、人の話を聞き、たくさん情報を得る

    この時期は色々な人の話を聞いて、自分自身も様々な経験をして沢山情報を得ることが大事です。インターンシップへの参加や興味のある資格の取得など。インターンシップにもたくさん参加されている方も多いと思いますが、頭で難しく考える前に興味のあるもの、気になるものに飛び込んでみてください。また先輩や先生等周りにいる社会人の方に、仕事の内容や、仕事に対する思いについて話を聞いておくと、具体的に考えやすくなると思います。思い詰めず、色々なことに考えをめぐらせて年越しを迎えてはいかがでしょうか。

    就活の「全体の流れ」をとらえよう

    最近はニュースでも話題になっていますが、3月広報解禁、6月選考開始の現在の就職活動スケジュールでは、実際には2月以前にインターンシップを開催する企業が多く、選考も6月以前に水面下で行われていることがほとんどで、3月の広報解禁後に企業探しをしていては遅いです。この時期は冬のインターンシップを開催している企業も多いので、まずは極力たくさんの企業、業界を問わずにインターンシップに参加し、どういった企業が世の中にあるのかを知る準備を始めてください。3月の広報解禁までに、どれだけたくさんの企業を知れるかが、就活を失敗しないポイントです。

    Sky株式会社
    リクルーティンググループ 鈴木 智景氏

    将来への準備期間!"挑戦"することが重要なカギに

    本格的に就活は始まっていないものの、何から手を付けたらいいのか分からない。この時期は是非"いろんなことに挑戦してみる"ことをお勧めします!まずお勧めは、インターンシップへの参加です。社会人として働くイメージを掴むことはもちろん、企業のビジネスの成り立ちや事業を体感できる貴重な機会だと思います。また、興味のある業界だけでなく様々な業界のインターンシップにも参加してみることで、新たな気付きを得られるかもしれません。漠然としたイメージだけで3月を迎えてしまわないためにも、積極的に参加してみてください。

    ソニー生命保険株式会社
    人材開発部 人材開発課 宮原 みさ希氏

    家族と話し、友人と話し、落ち着いて考えてみる

    就職活動は誰しもが初めてで、年末年始の様に時間があると、ついつい変な方向に考え過ぎたりしがちです。大切なのは、自分が将来どうなっていたいか、どうなるか、を沢山想像してみることです。そして分からないことがあれば、家族や友人と自然体で話してみることだと思います。自分の家族は将来どうなっているのか、家族みんなでどうなっていたら幸せでしょうか。
    そしたら、自分はどうすればいいかが見えてくると思います。ありのままの自分で家族と過ごすことを通じ、大切な事を思い出す年の瀬になればと思います。

  • 5月のテーマ:

    就活応援企業からのアドバイス

    毎月のテーマについて、人気企業の採用担当者がズバリ直言!
    採用の視点から皆さんにアドバイスしていきます。

    Sky株式会社
    リクルーティンググループ 鈴木 智景氏

    将来への準備期間!"挑戦"することが重要なカギに

    本格的に就活は始まっていないものの、何から手を付けたらいいのか分からない。この時期は是非"いろんなことに挑戦してみる"ことをお勧めします!まずお勧めは、インターンシップへの参加です。社会人として働くイメージを掴むことはもちろん、企業のビジネスの成り立ちや事業を体感できる貴重な機会だと思います。また、興味のある業界だけでなく様々な業界のインターンシップにも参加してみることで、新たな気付きを得られるかもしれません。漠然としたイメージだけで3月を迎えてしまわないためにも、積極的に参加してみてください。

    SMBC日興証券株式会社
    人事部 採用課 荻野 奈緒氏

    「面接のため」ではない自己分析を

    就職活動で大切なことは、自らの将来をしっかりと考え、悔いの残らない就職活動ができるかです。年が明け、選考が始まると、「面接のため」の準備に多くの時間が割かれます。選考時期に自己分析が曖昧で軸がない方は、面接でのテクニックに走りがちです。ですので、年内の過ごし方・心構えとしては、選考が本格化し多忙になる前に、「面接のため」を意識しない自己分析をじっくりと行うことが大切だと思います。早期から就職活動を始めて、志望業界や企業が固まっている方も、改めてゼロベースで自己分析を行ってみて下さい。

    日本生命保険相互会社
    人材開発部 黒澤 悠氏

    まずは身の回りの準備から!

    就職活動が本格化する前に、就職活動に向けた身の回りの準備をしましょう。具体的には、スーツや靴・鞄です。就職活動に際しては、第一印象が非常に大切ですので、サイズやデザイン等、シーンに合った物を選びましょう。また、意外と大切なのが「靴」です。就職活動中は、一日に複数の企業を訪問したり、合同説明会では立ったまま説明を聞いたりと足への負担が大きくなります。今の内に、自分に合った靴を見つけることをおすすめします。また、日々磨き、綺麗に保つ工夫もしましょう。

    様々な経験をし、人の話を聞き、たくさん情報を得る

    この時期は色々な人の話を聞いて、自分自身も様々な経験をして沢山情報を得ることが大事です。インターンシップへの参加や興味のある資格の取得など。インターンシップにもたくさん参加されている方も多いと思いますが、頭で難しく考える前に興味のあるもの、気になるものに飛び込んでみてください。また先輩や先生等周りにいる社会人の方に、仕事の内容や、仕事に対する思いについて話を聞いておくと、具体的に考えやすくなると思います。思い詰めず、色々なことに考えをめぐらせて年越しを迎えてはいかがでしょうか。

    みずほ証券株式会社
    人事部キャリア戦略室 守谷夏子氏

    スケジューリングを制する者は就活を制する

    就職活動は、年が明ければ説明会、エントリーシート提出、選考とあっという間に過ぎていきます。本番になってから準備不足で後悔することのないよう、選考時期から逆算し、今のうちにスケジュールを立てておきましょう。また12月は、クリスマス、忘年会など多くの人と接する時期でもあり、周りの人から自分に対する評価も聞けるチャンスです。自分の客観的な見られ方を把握することは、今後の就職活動においてもスムーズな自己分析につながります。ぜひ積極的に会話の機会を持ち、改めてどんな印象を持たれているのかを聞いてみましょう。

    今までの自分をふりかえる

    就職活動が本格化すると、ゆっくりと自分をふりかえる時間がなくなってきます。まずは今までの人生をふりかえり、節目節目で大切にしてきたことをまとめるといいでしょう。自分自身で考えるのももちろんですが、家族に尋ねたり、友人同士でお互いどう見ているかを話しあってみるのもいいと思います。また、実際に社会人として働いている人と話し、生の情報を得ることもいいと思います。自分自身を客観的に見つめなおすことが、次のステップである自己分析につながっていきます。

    ソニー生命保険株式会社
    人材開発部 人材開発課 宮原 みさ希氏

    家族と話し、友人と話し、落ち着いて考えてみる

    就職活動は誰しもが初めてで、年末年始の様に時間があると、ついつい変な方向に考え過ぎたりしがちです。大切なのは、自分が将来どうなっていたいか、どうなるか、を沢山想像してみることです。そして分からないことがあれば、家族や友人と自然体で話してみることだと思います。自分の家族は将来どうなっているのか、家族みんなでどうなっていたら幸せでしょうか。
    そしたら、自分はどうすればいいかが見えてくると思います。ありのままの自分で家族と過ごすことを通じ、大切な事を思い出す年の瀬になればと思います。

    就活の「全体の流れ」をとらえよう

    最近はニュースでも話題になっていますが、3月広報解禁、6月選考開始の現在の就職活動スケジュールでは、実際には2月以前にインターンシップを開催する企業が多く、選考も6月以前に水面下で行われていることがほとんどで、3月の広報解禁後に企業探しをしていては遅いです。この時期は冬のインターンシップを開催している企業も多いので、まずは極力たくさんの企業、業界を問わずにインターンシップに参加し、どういった企業が世の中にあるのかを知る準備を始めてください。3月の広報解禁までに、どれだけたくさんの企業を知れるかが、就活を失敗しないポイントです。

  • 6月のテーマ:

    就活応援企業からのアドバイス

    毎月のテーマについて、人気企業の採用担当者がズバリ直言!
    採用の視点から皆さんにアドバイスしていきます。

    就活の「全体の流れ」をとらえよう

    最近はニュースでも話題になっていますが、3月広報解禁、6月選考開始の現在の就職活動スケジュールでは、実際には2月以前にインターンシップを開催する企業が多く、選考も6月以前に水面下で行われていることがほとんどで、3月の広報解禁後に企業探しをしていては遅いです。この時期は冬のインターンシップを開催している企業も多いので、まずは極力たくさんの企業、業界を問わずにインターンシップに参加し、どういった企業が世の中にあるのかを知る準備を始めてください。3月の広報解禁までに、どれだけたくさんの企業を知れるかが、就活を失敗しないポイントです。

    SMBC日興証券株式会社
    人事部 採用課 荻野 奈緒氏

    「面接のため」ではない自己分析を

    就職活動で大切なことは、自らの将来をしっかりと考え、悔いの残らない就職活動ができるかです。年が明け、選考が始まると、「面接のため」の準備に多くの時間が割かれます。選考時期に自己分析が曖昧で軸がない方は、面接でのテクニックに走りがちです。ですので、年内の過ごし方・心構えとしては、選考が本格化し多忙になる前に、「面接のため」を意識しない自己分析をじっくりと行うことが大切だと思います。早期から就職活動を始めて、志望業界や企業が固まっている方も、改めてゼロベースで自己分析を行ってみて下さい。

    Sky株式会社
    リクルーティンググループ 鈴木 智景氏

    将来への準備期間!"挑戦"することが重要なカギに

    本格的に就活は始まっていないものの、何から手を付けたらいいのか分からない。この時期は是非"いろんなことに挑戦してみる"ことをお勧めします!まずお勧めは、インターンシップへの参加です。社会人として働くイメージを掴むことはもちろん、企業のビジネスの成り立ちや事業を体感できる貴重な機会だと思います。また、興味のある業界だけでなく様々な業界のインターンシップにも参加してみることで、新たな気付きを得られるかもしれません。漠然としたイメージだけで3月を迎えてしまわないためにも、積極的に参加してみてください。

    みずほ証券株式会社
    人事部キャリア戦略室 守谷夏子氏

    スケジューリングを制する者は就活を制する

    就職活動は、年が明ければ説明会、エントリーシート提出、選考とあっという間に過ぎていきます。本番になってから準備不足で後悔することのないよう、選考時期から逆算し、今のうちにスケジュールを立てておきましょう。また12月は、クリスマス、忘年会など多くの人と接する時期でもあり、周りの人から自分に対する評価も聞けるチャンスです。自分の客観的な見られ方を把握することは、今後の就職活動においてもスムーズな自己分析につながります。ぜひ積極的に会話の機会を持ち、改めてどんな印象を持たれているのかを聞いてみましょう。

    日本生命保険相互会社
    人材開発部 黒澤 悠氏

    まずは身の回りの準備から!

    就職活動が本格化する前に、就職活動に向けた身の回りの準備をしましょう。具体的には、スーツや靴・鞄です。就職活動に際しては、第一印象が非常に大切ですので、サイズやデザイン等、シーンに合った物を選びましょう。また、意外と大切なのが「靴」です。就職活動中は、一日に複数の企業を訪問したり、合同説明会では立ったまま説明を聞いたりと足への負担が大きくなります。今の内に、自分に合った靴を見つけることをおすすめします。また、日々磨き、綺麗に保つ工夫もしましょう。

    ソニー生命保険株式会社
    人材開発部 人材開発課 宮原 みさ希氏

    家族と話し、友人と話し、落ち着いて考えてみる

    就職活動は誰しもが初めてで、年末年始の様に時間があると、ついつい変な方向に考え過ぎたりしがちです。大切なのは、自分が将来どうなっていたいか、どうなるか、を沢山想像してみることです。そして分からないことがあれば、家族や友人と自然体で話してみることだと思います。自分の家族は将来どうなっているのか、家族みんなでどうなっていたら幸せでしょうか。
    そしたら、自分はどうすればいいかが見えてくると思います。ありのままの自分で家族と過ごすことを通じ、大切な事を思い出す年の瀬になればと思います。

    様々な経験をし、人の話を聞き、たくさん情報を得る

    この時期は色々な人の話を聞いて、自分自身も様々な経験をして沢山情報を得ることが大事です。インターンシップへの参加や興味のある資格の取得など。インターンシップにもたくさん参加されている方も多いと思いますが、頭で難しく考える前に興味のあるもの、気になるものに飛び込んでみてください。また先輩や先生等周りにいる社会人の方に、仕事の内容や、仕事に対する思いについて話を聞いておくと、具体的に考えやすくなると思います。思い詰めず、色々なことに考えをめぐらせて年越しを迎えてはいかがでしょうか。

    今までの自分をふりかえる

    就職活動が本格化すると、ゆっくりと自分をふりかえる時間がなくなってきます。まずは今までの人生をふりかえり、節目節目で大切にしてきたことをまとめるといいでしょう。自分自身で考えるのももちろんですが、家族に尋ねたり、友人同士でお互いどう見ているかを話しあってみるのもいいと思います。また、実際に社会人として働いている人と話し、生の情報を得ることもいいと思います。自分自身を客観的に見つめなおすことが、次のステップである自己分析につながっていきます。

本調査は皆さんの就職活動を支援することを目的に、
就活応援企業の協賛で運営されています。

今月のおすすめ講座・特集

ブンナビのツイッター



ページトップへ