企業研究に役立つ情報満載8,180

ベストマッチモード★採用実績校や大学別人気ランキングで企業を発見!

企業情報

株式会社そごう・西武

  • [百貨店]
  • 正社員
東洋経済・DATA特色
セブン&アイ・ホールディングス傘下の百貨店。09年ミレニアムリテイリング,そごう,西武が統合し誕生。

■ビジネスの概要

事業内容
百貨店事業(西武、そごうの運営)、商事事業、海外事業
ビジネスの展望・ビジョン
これまでのチェーンオペレーションから個店主義へ転換。各店でマーケティング力を向上させ、品揃え、顧客政策をミックスさせたマーケット戦略を進めます。
西武所沢店は食品の2層化、そごう千葉店は17年秋にジュンヌ館をコト発想の体験型専門店館として改装しました。各店舗の特性に合わせて商品領域横断型の新しい売場を開発していきます。
そごう横浜店は全館改装の第1期で、今春にビューティーゾーンを全面改装します。美、健のテーマ編集型売場として化粧品を強化するだけでなく、リビング、婦人雑貨、食品など商品領域をミックスさせた品揃え、施術や体験型の機能、サービスを組み合わせて刷新します。
企業理念
2018年に企業理念「想像以上の提案で、お客さまに発見を。」を策定。
私たちが、もっとも大切にするのは「今までにない提案」です。お客さま自身も気付かなかった「想像を超えた自分」に出会っていただく。しかも時代に合った方法で。私たちのご提案で、お客さまの表情が、またたく間に明るくなる。その瞬間に立ち会うために、私たちは心を尽くすのです。
製品・サービス・技術力・開発力
専門知識を活かしたソリューション百貨店として、販売サービスの専門人材を育成し、百貨店ならではの質の高い接客・サービスで快適なお買い物をサポート。お客さまのお悩みを解決する、専門知識を活かした接客を行っています。
社風
コーポレートメッセージは、「わたしは、私。」。
個性を活かす活気ある企業として、常識や周囲の意見に流されずに、一人ひとりが自ら考え、行動し、アイディアを出しています。
正解は一つだけではない。踏み出す人の数だけあるはず。
他のどの百貨店とも違う、未来の百貨店、見たことのない百貨店への大変革をわたしたちは目指しています。

会社データ

会社名
株式会社そごう・西武
本社所在地
〒102-0084 東京都千代田区二番町5番地25
代表者
代表取締役社長 林 拓二
本社所在地2
〒102-0084 東京都千代田区二番町5番地25
設立年月日
2009年8月1日
沿革
-
資本金
200億円
売上高
6,743億6,800万円
従業員数
7432名(2018年2月現在)
事業所
・店舗:池袋、横浜、千葉、広島、渋谷、大宮、所沢、秋田、岡崎、福井、徳島、東戸塚、川口、大津、西神
・東日本商事部:麹町 ・西日本商事部:心斎橋
・本部:四ツ谷
海外拠点
-
関連会社
株式会社ロフト、株式会社池袋ショッピングパーク、株式会社シェルガーデン、株式会社八ケ岳高原ロッジ、株式会社ごっつお便
主要取引先
-
環境活動
そごう・西武は、企業市民として社会的責任を自覚し、環境・社会・経済が一体となった事業活動を通じ、お客さまやお取引先、地域とともに「次世代に続く豊かなくらしづくり」に取り組んでいます。
社会貢献活動
●盲導犬育成事業の支援活動
日本で約7,800人の視覚に障害のある方々が盲導犬を希望しているのに対して、盲導犬の数は約1,000頭。現在、国内には盲導犬を育成している団体が9団体ありますが、1年間に育成・供給される盲導犬の頭数は、合わせて約130頭前後というのが現状です。こうした現状を踏まえ、そごう・西武では、盲導犬育成事業の支援を実施しています。活動の一環として、全店に募金箱を設置、店舗近隣地域7支援団体に寄付しました。また、視覚障害者と盲導犬に対する理解促進を図るため、「盲導犬ふれあいキャンペーン」を年に2回(春・秋)全店で開催しています
この活動が評価され、2006年9月朝日新聞社の「第3回朝日企業市民賞」を受賞いたしました。
最終更新日時:2018/12/21 15:11

ブンナビのツイッター



ページトップへ

ブックマークしました。

ブックマークを解除しました。